FPS中毒の殺人犯「ゲームでかなり殺したから、殺すのは簡単だった」

FPS中毒の殺人犯「ゲームでかなり殺したから、殺すのは簡単だった」

一家3人の尊い命を奪い、終身刑となったアイダホ州の22歳の男Adam Dees(アダム・ディー)は、当局に自身が「暴力的なFPS(一人称視点のシューティングゲーム)の中毒」だったおかげで、犯行を行うのが簡単だったと語った。


アイダホ州エイダ郡の保安官事務所のブログによると、アダム・ディーは殺人事件について尋ねられると「ビデオ・ゲームでかなり殺しをしていたので、そんなに難しいことじゃない」と語ったという。

アダム・ディーは、テッド・ウェルプ(88)、エレイン・ウェルプ(77)、そして彼らの息子のトーマス・ウェルプ(52)の3名を殺害した。死刑を回避するための司法取引の一環として、彼はこれらの殺人事件の詳細を研究者に語ったが、「中毒になった」という“暴力的なFPS”の具体的なゲームタイトルは明らかになっていない。

Adam Dees

ディーはGoogle Mapでウェルプ家の立派な家を見つけ、黒い服を身につけ強奪と殺害に及んだ。

彼は警察に殺人を犯したときは酷く落ち込んでおり、自殺も考えていたと警察に語っている。判決の際は、犯行までの数日は落ち込んでいたこと、そして死ぬ前に「狂って生きる(live crazy)」ことを決心したと述べた。

「感情的に暗い場所にいたんだ。」と彼は言う。「毎日自殺を考えていた。銃のバレルを眺めていたら、人生がとても残酷であるように思えた」。

KTVBによると、被害者全員が頭部をバットで繰り返し殴られ、頭部を銃で撃ちぬかれていたという。

2932005-dees1

アダム・ディーは躁状態と鬱状態の病相を繰り返す精神疾患である、双極性障害の薬を服用している。リバーサイド・ビヘイビアラル・ヘルスでカウンセラーを努めるハイメ・マクマナスは「精神疾患を持つ人々は、ビデオ・ゲームなどの娯楽の影響を受けやすくなることがある」と語った。

そして、「あなたが比較的健康で社会的に安定した子どもなら、ビデオ・ゲームによる悪影響を受けないかもしれない」「あなたが感情的または社会的に問題を抱えているなら、制限が必要なのかもしれない」と話している。

アダム・ディーは仮釈放なしで、死ぬまで刑務所の中で暮らすことが確定している。

Adam Dees sentenced to life in prison

関連記事

Source: gamespot.com

コメント37
CATEGORY :
  • ゲスト

    俺でも倒れて気絶してる相手にならHS決めれるわ
    FPS関係ないやん

  • べるもん

    いつまでこの記事がランキング入ってんだ

  • Anonymous

    そもそもFPSやったことない凶悪犯の方がワンサカいると思うんやけど

  • 甲賀弦之介

    そのうちこんなヤツがでてくると思った。
    現実と仮想の区別ができない。
    バトフィトにしろ、FPSは自分の中で、小学生のとき空き地でエアガンで友達と打ち合いをよくして遊んだ。
    それのリアル版と考えている。
    あのときは、玉に当たったら痛かったなか~

    • Takuohhhh

      ガキの頃の思い出って結構貴重だよね。

  • アル

    BFHかGTAだな

  • ぶらすこ

    FPS依存者の犯罪も許せないが今一番許せないのはあの小島監督をコケにしたコナミだな

  • 尊師

    もとから成人疾患あるんじゃん