SWBF:悪の英雄「ダース・ベイダー」の概要公開、フォースによる“首絞め”も備えた凶悪キャラクター

SWBF:悪の英雄「ダース・ベイダー」の概要公開、フォースによる“首絞め”も備えた凶悪キャラクター

Star Wars バトルフロント(スター・ウォーズ バトルフロント)』でプレイ可能な、映画『スター・ウォーズ』シリーズ最恐の悪の英雄、「ダース・ベイダー」の概要が公開されました。

映画『スター・ウォーズ』でも有名なフォースによる首絞め「フォースチョーク」や、ライトセーバーを投げる「セーバースロー」といったスキルも明らかにされており、強力なだけではなくプレイ自体に深みもあるとのこと。また、ベイダーに果敢にも1人で立ち向かうのは単なる「自殺行為」で、友軍との連携が必須となることも判明しています。以下公式サイトより。

悪の英雄:ダース・ベイダー 「暗黒面の力を体験せよ」

ダース・ベイダーは近い間合いの戦いではまさに敵なしで、近接で使用するライトセーバーのヘビーアタックは反乱軍の集団をたやすくなぎ払うことができます。 そしてダース・ベイダーと言えばフォース・チョーク。 ウォーカー・アサルトのトレーラーでも登場したこの技で、離れた場所から敵の首を締め上げ、振りまわすことができます。

シニアプロデューサーJamie Keenは、ダース・ベイダーのプレイはかなり深みのあるものになると自信をもって述べています。 ある程度プレイになれると、どの相手を優先すべきかがわかるようになり、複数の相手も一度に対応できるようになります。 ダース・ベイダーのさまざまな攻撃を試し、その組み合わせをコンボとして使いこなす楽しみをぜひ味わってください。

上に挙げたフォース・チョークは同じくベイダーのセーバースローとの組み合わせが強力です。セーバースローはライトセーバーを投げ、離れた敵の集団を倒す攻撃です。

「敵集団を押さえるのに最適です。 開発ではセーバースローの攻撃範囲を細かく調整し、ベイダーに相応しいパワーを発揮するようにしています」―Keen

逆に、戦場でダース・ベイダーに遭遇してしまった場合は、どう立ち向かえば良いのでしょうか? 一目散に逃げるべき? そうとは限りません。 正しい戦い方を知っていれば、ベイダーに一矢を報いることも可能です。挑むだけの価値がある戦いとなるでしょう。

「ダース・ベイダーのような悪のヒーローに1対1の戦いを挑むのは自殺行為です。 ベストの戦術は仲間の力を借り、チームメイトと連携して戦う事。 また、基本的にヒーローは後ろからの攻撃に弱いので、正面からの戦いは避けることです」―Keen

ベイダーを含むヒーローには、どれも高スコアが割り当てられています。正しくカードを切って戦うことができれば、ポイントを稼ぐチャンスにもなります。 キルや、相応のダメージを与えることができれば、かなりの報酬を手にできるでしょう。

Star Wars バトルフロント:マルチプレイヤーゲームプレイ | E3 2015 「ウォーカー・アサルト」ホス到来

『Star Wars バトルフロント』の発売日は2015年11月19日で、対象機種はPS4 / Xbox One / PC。予約購入特典として、通常2015年12月8日(北米太平洋時間)よりアクセス可能となるコンテンツ「惑星JAKKUの戦い」に1週間の先行アクセスが可能です。

Source: ea.com

コメント0
CATEGORY :
TAG :

コメントする