CoD:BO3:新リーグ「The Call of Duty World League」発表、賞金総額が3倍の3.6億円に!

CoD:BO3:新リーグ「The Call of Duty World League」発表、賞金総額が3倍の3.6億円に!

Activisionは、同社が運営する『Call of Duty(コールオブデューティー)』の新たなリーグ「The Call of Duty World League」を発表しました。

これは『CoD』におけるe-Sports大会を次なる段階へ引き上げるためのリーグで、賞金総額は昨年までの「Call of Duty Championship」の3倍となる3百万ドル(約3億6千万)となっています。

The Call of Duty World League 概要

「The Call of Duty World League」は、プロ部門とチャレンジ部門の2種類を用意。プロ部門は北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアを舞台に2016年の1月から開始され、この試合の模様はオンラインで視聴可能。

一方のチャレンジ部門は、アマチュアのチームを対象とした部門。各地域のLANイベントにて勝ち進むことで「Call of Duty Championship 2016」への参加権を得ることができます。

各地域で予選を兼ねた個別のLANによるチャンピオンシップが開催され、予選を勝ち抜いた猛者たちは、2016年の秋に開催される「Call of Duty Championship 2016」にて世界最強の称号と賞金をかけて争います。

プロ部門
プロ部門
チャレンジ部門
チャレンジ部門

もちろん、2016年の対象タイトルは『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』となっており、その後も毎年、最新作の『CoD』採用されるものと思われます。

「The Call of Duty World League」のプロチームやパートナー、ブロードキャストといった詳細は今後発表していくとのことですが、『CoD』のe-Sportsは更なる盛り上がりを見せてくれそうです。

CoD:BO3』の発売日はPS4 / Xbox One / PCが2015年11月6日で、PS3とXbox 360は現時点では未発表。

Source: activision

  • KONAMIルク

    はふん

  • 春日

    ダステル優勝や

  • のー

    いっちょやったるで!!

  • シールズ

    日本なし 悲しい