CoD:BO3:ソニーが「Call of Duty World League」のオフィシャルパートナーに、賞金総額約3億6千万円

CoD:BO3:ソニーが「Call of Duty World League」のオフィシャルパートナーに、賞金総額約3億6千万円

日本時間12月6日(日)午前3時より開催が予告されていた「PlayStation® Experience 2015」内で、ソニーが現在予選トーナメントが開催されている『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』の新リーグ「The Call of Duty World League」のオフィシャルパートーナーとなることが発表されました。

PlayStation Experience 2015: Call of Duty World League – Announcement Trailer | PS4

今回の発表による賞金総額の変更はなく、以前と同様の3百万ドル(約3億6千万円)のままです。プラットフォームがPlayStation 4へと変更されたのは周知の通りなので驚くべき発表ではありませんが、Activisionとソニーという巨塔が開催する産まれ変わった新リーグには、世界中のファンの熱い視線が寄せられることでしょう。

現在開催中の予選トーナメントの模様は公式のYouTubeチャンネルで視聴可能で、現在は各グループのラウンド2が行われています。試合結果はワールドリーグ公式サイトにて確認できます。

Official Call of Duty® World League – 12/5 North America Qualification Event Live Stream

Source: Charlie Intel