CoD:BO3:ゾンビマップ“The Giant”の、史実と合致する隠しイースターエッグ「ナチスの黄金列車」

CoD:BO3:ゾンビマップ“The Giant”の、史実と合致する隠しイースターエッグ「ナチスの黄金列車」

数多くのイースターエッグが随所に隠され、歴史上の史実と多くの共通点を持つ『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』のゾンビモード。このたび新たなイースターエッグの考察が、海外ユーザーにより公開されました。

シーズンパス購入者向けに配信されるボーナスゾンビマップ“The Giant”は、過去作『CoD:WaW』の“Der riese”のリメイクマップで、ゾンビモードストーリーの主軸となる935部隊の研究施設が舞台となっています。

この“Der riese”のモチーフになっているのが、実際にナチス・ドイツが連合軍の空襲から逃れるために、オウル山脈のシレジア南部に地下施設を築いたProject Riese(プロジェクト・リーズ)だと考えられます。

ナチスの黄金列車

“The Giant”のマップ内、Z-C転送装置脇の通路にゾンビスポーンポイントがあり、そこから列車のようなものが確認でき、列車の前には金塊も確認できます。

ナチスの黄金列車

列車の前に金塊が確認できる。
列車の前に金塊が確認できる

これは地元ポーランドで囁かれる都市伝説「ナチスの黄金列車Wikipedia)」から着想を得たと推測できます。

地元の言い伝えでは、当時ソ連軍が侵攻してきため、ナチスドイツは武装列車に300トンの財宝や武器を乗せて、ヴロツワフ近郊からリーゼ計画で掘られた地下施設を通りヴァウブジフ近郊に移動した、と伝えられているそうです。

2015年9月には、実際にこの「黄金列車」がポーランドで発見されたとの報道もあります。

ナチス・ドイツによって強奪された財宝を積んだまま、第二次世界大戦でのドイツ降伏直前に姿を消したとされる「黄金列車」がポーランド南西部の地中で見つかったと報道され、現地では蜂の巣をつついたような大騒ぎになっている。地中探知レーダーで画像を確認したというポーランドのピヨトル・ジュコフスキ文化副大臣(51)は28日、急遽(きゅうきょ)ワルシャワで会見し、「列車が地中に眠っていることは99%間違いない」と明言。積載物は確認できていないが、伝説では300トンもの財宝が積まれていたとされており、地元紙は「タイタニック級の世界的に重要な発見」とコメントしている。

ハンガリーの黄金列車

しかしこの黄金列車イースターエッグはこれだけで終わりません。この黄金列車にまつわる事実がもう一つ存在します。それは「ハンガリーの黄金列車(Wikipedia)」です。

ナチス・ドイツが、ホロコーストでユダヤ人から奪った財産を乗せた「ハンガリーの黄金列車」が、ハンガリーのブタペストから発車しました。この黄金列車は最終的にオーストリアのホーエンで連合国軍の兵士に押収されました。

ホーエンとはDLC第一弾で追加されるゾンビコンテンツ「Der Eisendrache」のマップのモチーフとなるホーエンヴェルフェン城が存在するオーストリアの地名。実際のハンガリーの黄金列車と“The Giant”にある列車の外観が似ているようにも見える、ともされています。

ハンガリーの黄金列車
ハンガリーの黄金列車
「The Giant」内で確認できる列車
“The Giant”内で確認できる列車

歴史に詳しい人であれば「Der Eisendrache」の発表前にホーエンが舞台になることが予測できいたかもしれませんね。

2月2日に配信予定の第1弾DLC”Awakening”に含まれる「Der Eisendrache」でも、同様の次回マップのヒントにつながるようなイースターエッグが存在する可能性も充分にあります。みなさんもゾンビマップで謎解きをしてみては?

Source: Der Riese Gold Train

  • 蘇生おじさん

    もうアドベンチャーゲームでも作れよ
    そっちのがファン喜ぶだろ

  • a

    ワンダーウェポンの強化はまだか

    • ナナシ

      DG2か笑

    • Sn7

      確かに今作のDG2弱いよね