N64版『ゴールデンアイ 007』のマップ、19年の時を経てUnreal engine 4で復活

N64版『ゴールデンアイ 007』のマップ、19年の時を経てUnreal engine 4で復活

1997年にNINTENDO64用のファーストパーソン・シューティングゲームとしてリリースされた『ゴールデンアイ 007』。後にWii Uへのリメイク版の発売や、ファンからはソースエンジンでのリメイクなどが開発。

19年の時を経た現代でも熱く支持されている本作ですが、最新の技術を使用したリメイクがまたまた登場しました。

映画も参考に

今回のリメイクは、マップ「化学工場」を無償となった“Unreal engine 4”でリメイクしたもの。海外で大きな話題となっています。

GoldenEye 007 Meets Unreal Engine 4 – Facility

このリメイクの製作者であるJude Wilson氏は、シェフィールド・ハーラム大学の学生。この作品は、修士学位の製作の一環で制作したとのことです。

BeautyShot_02

内装の外観を映画版「007 ゴールデンアイ」のセットに近づけ、できる限りリアルにしたとのこと。氏のホームページで他の製作物も見ることができます。

リモコン式爆弾を積み重ねてタワーにしたり、チョップで突撃したりして楽しんだ思い出が呼び起こされる人もいるのではないしょうか。

  • 蘇生おじさん

    006がなんかしゃべってるのガン無視して爆破すんのが楽しかったわ

  • hourei

    トイレの配管にモーションセンサー爆弾仕掛けなきゃ(使命感)

  • しゃおん

    例のトイレはまだ製作中かな?