業界初、“最凶”フルオートショットガン「AA-12」が電動ガンになって発売

業界初、“最凶”フルオートショットガン「AA-12」が電動ガンになって発売

Update: 01/19 レビュー動画追加

トイガンメーカーの東京マルイは、Military Police Systems社製のフルオート・ショットガン「AA-12」の電動ショットガンを1月15日に発売しました。

映画でも人気の「AA-12」ですが、エアコッキングでもガスガンでもない電動での発売はトイガン業界初。東京マルイは、トイガン業界ひいてはサバゲー業界に革命をもたらすこととなりそうだとしています。以下製品ページより抜粋。

強大な火力を誇る、フルオート・ショットガン

東京マルイ【電動ショットガン】AA-12(PV)

ユニークな外観に驚くべき火力を秘めたフルオート・ショットガンAA-12が、電動ショットガン第1弾として登場!ショットガンモデルの定番となった3発同時発射が、ついにフルオートでも可能になりました。

樹脂製フレームに覆われた内部機構には、3つのシリンダーを備えた専用のメカBOXや、発射する3発それぞれに調整が可能なトリプル可変ホップアップシステム、東京マルイ初となるFET(電子スイッチ方式)の採用など、電動ガン技術の粋を集めた仕上がりになっています。

主な特徴

  • 3シリンダーメカBOX搭載:オートマチックで3発同時発射を可能にする専用メカBOXを新規に開発。トリガーを引くだけでBB弾の発射とコッキング、次弾の装填を自動で行います。ノズルガイドには自己潤滑アルマイトのカシマコートを採用。フルオート時にも3発ずつのスムーズな装填を可能にしました。
  • フル/セミオート切替式:フルオート発射だけでなく、本物にはないセミオート発射機能も搭載。ボディ側面のセレクターをセンター位置に合わせれば、セミオートでの発射が可能になります。
  • FET搭載:BB弾3発の同時発射とフルオート発射を両立することによるスイッチ部への負担を、FET(電子スイッチ方式)を採用することで軽減。トリガーを引いてからBB弾を発射するまでのレスポンスも向上しています。
  • 金属製インナーフレーム採用:樹脂製の外装フレーム内側には、メカニズム全体を覆う金属製フレームを採用し、剛性を高めています。
  • トリプル可変ホップアップ搭載:3本のバレルから発射されるBB弾には、エジェクションポート内のダイヤルを操作することで、個別にホップアップのかけ具合を調整することができます。
  • アジャスタブル・サイト:フロントサイトは上下に、リアサイトは左右に調整が可能です。
  • ボックスタイプマガジン:装弾数93発、すべり止めのチェッカリングを再現した樹脂製マガジンが付属します。

詳細ページ:AA-12 – 電動ショットガン | 東京マルイ エアソフトガン情報サイト

追記:レビュー動画

マック堺氏のレビュー動画が公開されました。

東京マルイ AA-12 フルオート・ショットガン 電動ショットガン マック堺のレビュー

東京マルイ AA-12 電動ショットガン レビュー第2弾 リポバッテリー使用 飛距離は? ホップ調整は? ホップ変化と初速を調べてみた マック堺のレビュー動画

Source: TOKYO MARUI

  • でででっでっでっで~

    これあれか、プレデターズの主人公が使ってたやつか。

    • UK

      プレデターズの主人公の奴だな!

  • ナナシ

    どうもチャック・ノリスです

  • Takahashi Shutaro

    エクスペンダボォォォズ

  • ハンバーガー屋のおっさん

    …..

    • めろんぱん

      こんな人サバゲーにいたら勝ち目ないw