賞金総額10万ドルの『レインボーシックス シージ』プロリーグ発表、3月より開始(Xbox One, PC)

賞金総額10万ドルの『レインボーシックス シージ』プロリーグ発表、3月より開始(Xbox One, PC)

Ubisoft、ESL、マイクロソフトが、賞金総額10万ドル(約1211万円)の『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のプロリーグ「Tom Clancy’s Rainbow Six Pro League」の開催を発表しました。

Rainbow Six Pro League

初週の開催は現地時間の3月4日より、ポーランド、カトヴィツェで行われるIntel Extreme Masters World Championshipのイベント内で行わる予定で、2016年を通して行われるリーグのショーケースとしてヨーロッパのプレイヤー達によって争われます。

PCとXbox Oneの同時開催

PCとXbox Oneにてそれぞれのブラケットが北アメリカとヨーロッパで用意されており、各地域とプラットフォームの上位8チームによってリーグが争われます。最終的には各地域とプラットフォームのリーグ上位2チームがシーズンのファイナルに進み、総額10万ドル(約1211万円)を巡って衝突する形となります。

参加方法は2種類あり、ESLで行われている「Go4R6 Cup Series」にて2月22日時点で月間ランキングの上位に入るか、プロリーグへの参加権が争われるローカルの大会に参加するかとなっています。

リーグの模様は公式TwitchチャンネルYouTubeチャンネルにて隔週で配信される予定とのことなので、トッププレイヤーのプレイが見たい方は、ぜひお気に入り登録をしておいてください。

『レインボーシックス シージ』のクリエイティブ・ディレクターであるUbisoftのザビエル氏は、「Rainbow Six Siegeは当初から競技を念頭に制作されている。eSportsのビッグネームであるESLと共にファンにリーグをお届けできるのに興奮を覚える」と語っており、本格的なe-Sportsとしての『レインボーシックス シージ』の幕開けを感じさせてくれます。

Source: Rainbow Six Siege

  • R201295

    競技性を重視するのは歓迎だが、壁の穴への投擲物の通過判定がザルで微妙な突起に跳ね返ったりするとか、壁から胴体とか足が突き出るとか、そういう細かい所の調整はきちっとやって欲しいところ。

    あと公式フォーラムにもスレッドがあるけど、ネットコードも酷い、大会だとLANだろうから影響は少ないのかも知れないけど。

  • 名無し

    防衛側が有利すぎると思うわこのゲーム
    ドローンがどこから来るかで攻撃側のスタート位置を推測できるから
    ラウンド始まった瞬間リスキルができる。特に飛行機のステージは酷い。
    こんなゲームでプロリーグができるのかほんとうに心配

    • ドローン侵入経路を変える、窓や屋外に通じるバリケードに注意を払う
      こんな事もできないの?

      でもまあ防衛有利攻撃不利なのは本当かな
      斜線を遮るものがない地点にポイッとされてリスキルってマップがない訳ではないからね

      • sabath bloodysabbath

        単にオペレーターの性能だけで言ってもパルスとかわけわからんくらい強いしやっぱ防衛有利には違いないね
        スポーンキルもマップによっては擁護できないところがあるわ