元『Payday』開発者、「ハードコアな協力プレイFPS」を開発中

元『Payday』開発者、「ハードコアな協力プレイFPS」を開発中

『Payday』の元開発者であるUlf Andersson氏が、新たな開発スタジオ「10 Chambers Collective」の設立と共に、協力プレイに重点を置いたFPSを開発中であることを発表しました。

サバイバル

氏はRock Paper Shotgunのインタビューでゲームについて次のように述べています。「プレイヤーは力や、隠密など他の様々なクリエイティヴな方法を駆使して、いかなる恐ろしいものから生き延びることになるでしょう」

10 Chambers Collective
10 Chambers Collective

”恐ろしいもの”が具体的に何であるかは不明ですが、公式Facebookページにはいくつかの洞窟の写真が掲載されています。

10 chambers collective
採掘場のようにみえる写真
10 chambers collective
Run!というメッセージと共に掲載された写真

これらは、同社がゲームのインスピレーションを得る旅で撮った写真で、10 Chambers Collectiveが目指すゲームの雰囲気をうかがい知ることができます。

協力が鍵

全貌はまだ明らかになっていないものの、コンセプトは「協力」。同社公式ページには「協力プレイのハードコアFPS」だと説明しています。

また氏は次のようにも答えています。「私たちの新しいゲームでは、協力プレイがゲームを進める上で重要な要素となります。プレイすればするほど他プレイヤーとの協力が欠かせなくなります」

ゲームの開発開始からまだ数カ月しか行っておらず、ゲームの全貌や発売時期はまだまだ先となりそうです。

Source: IGN

コメント2
CATEGORY :
TAG :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By guest

    赤サブレかな?

  2. By あ

    アンチャーテッド+モンスターゲーだろうな
    買わないけど

コメントする