フォーオナー

Fallout 4:DLC3種の詳細が一挙公開、3月より毎月リリース

Fallout 4:DLC3種の詳細が一挙公開、3月より毎月リリース

間もなく公開とされていた『Fallout 4(フォールアウト 4)』のDLC情報ですが、ベセスダ・ソフトワークスは第一弾DLC“Automatron”、第二弾DLC“Wasteland Workshop”、第三弾DLC“Far Harbor”の情報を一挙に公開、その概要を明らかにしました。

合わせて、シーズンパスの価格改定や、この3種のDLC以降のDLCの予定も明かしています。

第一弾DLC「Automatron」

FO4_Add-On_Pack_v8-auto_1000

Fallout4_DLC_Automatron01_730

謎のMechanist(メカニスト)が、ずる賢いRobobrain(ロボブレイン)を含む邪悪なロボット軍団を連邦へ解き放った。このロボットを狩ってパーツを集め、自身のロボットコンパニオンを作ってカスタマイズしよう。数百種類のMOD、四肢やアーマー、アビリティ、全く新しいライトニングガンなど、膨大なカスタマイズが可能。更にはボイスやペイントまで選択することができる。

  • 価格: 9.99ドル
  • 発売日: 2016年3月

第二弾DLC「Wasteland Workshop」

FO4_Add-On_Pack_wasteland_workshop_1000
Fallout4_DLC_WastelandWorkshop02

Wasteland Workshopでは、レイダーやデスクロウまで、生きているクリーチャーを捕獲するためのケージをデザインし設置しよう。捕獲したら、飼いならしたり仲間の入植者と戦わせることもできる。また、ニキシー管や手紙キット、剥製など、ワークショップで設置できる新たな建築要素のオプションも含まれる。これらのDLCの中では最も安い価格となる。

  • 価格: 4.99ドル
  • 発売日: 2016年4月

第三弾DLC「Far Harbor」

FO4_Add-On_Pack_far_harbor_1000

Fallout4_DLC_FarHarbor03

バレンタイン探偵事務所からの新たな依頼は、若い女性と人造人間シンスの秘密の居住地を探しだすことだ。高い放射線レベルは、”Far Harbor(ファーハーバー)”の島をより残忍な環境としており、シンスとチャイルド・オブ・アトム、そして地元住民たちが争いを続けている。

“Far Harbor”は、ベセスダ・ソフトワークスが作り上げきたこれまでのDLCの中で最大のロケーションとなり、新たな派閥クエストや入植者、危険なクリーチャー、ダンジョンが含まれる。そして、より強力な武器やアーマーが登場する。これらのDLCの中では最も高い価格となる。

  • 価格: 24.99ドル
  • 発売日: 2016年5月

以降のDLCとシーズンパスの価格改定

これらの3種のDLCは『Fallout 4』のDLC展開の始まりに過ぎず、2016年を通して60ドル以上の価値がある冒険と新機能が2016年を通して提供されます。

これに伴って、すべてのDLCをプレイできる「シーズンパス」の価格は、29.99ドルから49.99ドルへと改定されます。価格の改定は2016年3月1日に行われるため、購入予定のファンはそれまでに決断したほうが良いでしょう。

日本国内でのシーズンパスの価格は3,599円で、現時点でのアナウンスはまだありません。

  • kei ryugu

    今のうちにシーズンパス買った方がお得ってことか?
    2000円くらい値上がりか?

  • A

    Far HarborはPoint Lookout思い出すな