DOOM:ゴアでハイスピードな「シングルキャンペーン」と「マルチプレイ」の魅力

DOOM:ゴアでハイスピードな「シングルキャンペーン」と「マルチプレイ」の魅力

日本版も規制なしのCERO Zにてリリースされる新生『DOOM(ドゥーム)』ですが、ベセスダ・ソフトワークスは5月19日に発売がせまる本作のシングルキャンペーンとマルチプレイヤーの魅力を伝える特別企画を公開しています

DOOM シングルキャンペーン概要

doom

「ただ敵を倒すゲームじゃない。倒し方の戦略を練り、自分のスタイルを楽しむゲームだ。」―― id Software開発スタッフ

立ち止まるヒマは無い。走ることが唯一のディフェンスだ!

トレーラーで描かれているように、とにかく走り、動きまわるDOOM。あらゆる敵が容赦なく襲いかかるスキをつき、適材適所で武器を駆使し、突破するのだ。DOOMはただ単に敵を倒していくゲームではなく、どの武器をどの場所で、どの敵に対して使うのか、プレイヤーの瞬時の判断と、独自の戦術が問われる、ハイペースな頭脳戦とも言える。あらゆる武器をフル装備し、迫りくる敵を迎え討て!開発を担当したid Softwareのスタッフによると「もし手持ちのロケットが10個残っていたら、躊躇せず全部使うことだ。」とのこと。

伝説のスーパーウェポンも健在!

言わずと知れたこの世で最強最悪の武器、BFG(Big F○○king Gunの略)からショットガン、プラズマライフルまで、シリーズを通してレジェンドなまでに語り継がれる名武器もしっかり登場。それぞれの武器には超近距離~近距離、中距離、長距離などリーチの長さから、敵の特徴に合わせたりと、各武器を場面ごとに使い分けることで、あらゆる局面に対応できる。武器はウェポンホイールに割り当てられ、簡単に切り替えができる。※BFGとチェーンソーのスペシャル武器はボタンに割り当てられる

グローリーキルで鮮やかに決め、スマートに進め!

グローリーキルは近接攻撃でとどめを刺すときに発動するゴア&ファンアニメーション。敵をバラバラに切り刻み、踏みつけ、完膚無きまで叩きのめす、まさにDOOMの世界観そのものを堪能できるスペシャルな演出だが、それだけではない。倒した敵からより多くの弾薬とヘルスをドロップさせることができるプレミアムな決め技だ。1つのお気に入り武器を使い続けていると弾薬がショートしてしまうので、弾薬が少なくなりそうなときは積極的にグローリーキルで決めて行け!

DOOM – Campaign Trailer

DOOM マルチプレイ概要

DOOM-レヴナント
新生『DOOM』のマルチプレイは、シリーズ伝統の超高速アリーナスタイル・バトルに磨きがかかり、「昨今のマルチに新たな提言となるモード」も搭載しているとしています。ローンチ時には9つのマップ、6つのモード、4種のプレイアブルデーモンが登場し、マップとモードは、マルチプレイヤーモードのマップをユーザーが作製し公開できる機能「SnapMap」(詳細記事)により理論上無限に新マップをプレイできることになります。

洞窟、炭鉱、地獄、研究所、古代アリーナ…ローンチ時に9つのマップを搭載

DOOM-MAP-82977_3_1
映画「アベンジャーズ」「パシフィック・リム」のコンセプトアートを担当したヒューゴ・マーティン氏が手掛ける新装地獄絵図。階層をまたいで縦横無尽に飛び回り、思い通りのアクションを叶える空間設計と、テレポートやジャンプパッドなど、戦術に幅をもたせるレベルデザイン。死者のうめき声が渦巻く地獄の深淵「Perdition」からUACの最先端研究施設を舞台にした「Disposal」まで、高所から奈落の底まで、ハイスピードの頭脳戦をチームワークで制するのだ。

DOOM – マルチプレイヤーマップ

熱狂、興奮、ハイスピード体験。6つのプリセットモード

発売時には6つのマルチプレイヤーモードを搭載。倒した敵がドロップする「魂」を拾ってポイントを争うチームデスマッチ風「Soul Harvest」や、常時移動を続ける「ゾーン」の持続的制圧を目指しつつ、一方でランダムに発生するデーモンルーン(取得するとデーモンに変異できるルーン)の獲得も頭に入れておきたい、キングオブザヒル系モードの進化版「Warpath」、対戦相手を倒すと凍らせることができ、先に相手チームの全プレイヤーを冷凍させたチームが勝者となる「Freeze Tag」、一度死んだら終了、さらに体力回復もできない極限モード「Clan Arena」などが用意されている。味方メンバーで協力し、デーモンを、相手チームを徹底的に制圧せよ!

4種のデーモンに変異し、タクティカルなチームプレイを展開せよ

UACの隊員(人間)としてチーム編成を行うが、ターゲットの一つとなる「デーモンルーン」を取得すると、各モードでそれぞれ破壊的なスーパーパワーを持つデーモンに変異し、チームプレイを優位に進めることができる。 「バロン・オブ・ヘル」は攻撃範囲が広く、破壊的なスーパーパワーで近接攻撃を得意とする。

肩に2つのミサイルランチャーを持ち、ジェットパックで短時間の飛行をする「レヴナント」は俊敏さを生かし、上下左右、360度どこからでも攻撃を仕掛けられる。 「プロウラー」はマルチプレイのみ登場するデーモンだが、闇に身を潜め、敵を奇襲する ことを得意とする。「マンキュバス」はダメージを吸収する性質を持ち、長距離ロケットで敵を壊滅的なまでに追い込む。一度出会ったら総攻撃の覚悟を決めるべき硬さを誇る。 逆にデーモンと対峙した際はそれぞれの特性を理解し、近距離/遠距離の得意不得意や、体力、攻撃方法の特徴を見極め、ベストなタクティクスを編み出すのが得策だ。

DOOM – マルチプレイヤー モード

『DOOM』の国内での発売日は2016年5月19日予定で、価格は7,980円(税抜)。言語は日本音声/日本語字幕、英語音声/英語字幕の切り替えにも対応した嬉しい仕様。対象機種はPS4、Xbox One、PCとなっています。

Source: DOOM

コメント0
CATEGORY :
TAG :

コメントする