プロゲーマー御用達コントローラー「SCUF Infinity 4PS(スカフ)」の購入方法(新モデル)

プロゲーマー御用達コントローラー「SCUF Infinity 4PS(スカフ)」の購入方法(新モデル)

前回:プロゲーマー御用達の「SCUF 4PS」がモデルチェンジ、「SCUF Infinity 4PS」発売

『Call of Duty』のトッププロチームOpTic GamingやFaZe、Team Kaliberなども使用者として名を連ね、プロリーグCWLやMLGのパートナーとしても有名なプロゲーマー御用達の「SCUF(スカフ)」コントローラー。

今回はそのPS4版の最新モデルである「SCUF Infinity 4PS」の購入方法を詳しく解説してみます。

SCUF Infinity 4PSとは?

概要

SCUF Infinity 4PSは、数多くの特許と特許出願中の技術を詰め込んだ、高度なカスタマイズが可能なPlayStation 4用のコントローラー「SCUF 4PS」の最新モデル。大きな特徴である背面に設置されたパドルトリガーはもちろん健在。L2・R2トリガーの感触を調整できる機能など、新しいカスタマイズ機能も搭載されました。

更に、着脱出来る十字キー(方向キー)用のディスクカバーや振動機構の取り外し、複数種類から選べるアナログスティック、ミリタリーグレードのグリップなどなど、のプロ/プロ志向のFPSゲーマーに嬉しい豊富なカスタマイズが可能となっています。

SCUF Infinity4PSの購入方法

1. まずは本体カラーの選択

SCUF Infinity 4PS FPS-17

SCUF 4Pのカスタマイズページにアクセスしたら、まずはカラーの選択を行います。通常カラーのバリエーションの他にも、プロチームやプロプレイヤー仕様のカラーも用意され、膨大な種類から選ぶことができます。色によって価格も40ドルほど変化するので、財布と相談しつつじっくりと好みのカラーを選択しましょう。

チームモデルなどは、後で細かいカラー調整が行えないので注意が必要です。

2. カラーキットを選択

SCUF Infinity 4PS FPS-01
好きなデザインのコントローラーををクリックした後は、「Choose your controller color package」の欄で十字キーやLRトリガーの色を任意で選択することができます。これは9.95~19.95ドルの有料オプションで、いらない場合はPS4のデフォルトを選んでおきましょう。

「Choose your Control Disc」をYESにすると、方向キーに被せて使用するディスク型コントロールを追加できます。FPSのみをプレイするのであれば不要かもしれませんが、着脱式となっているのでゲームによって着けたり外したりができます。こちらもオプションで価格は9.95ドル。チームモデルなどを選択した場合はディスクの有無のみの選択となります。

「NEXT」で次の設定へ。

3. スティックとリングの選択

SCUF Infinity 4PS FPS-01
次は「Choosing Thumbsticks and Ring Colors」で、左右のアナログスティックの高さと形状の選択を行います。オプションで変更する場合は、左右それぞれの、中心部がへこんだ「Concave」と盛り上がった「Domed」、長さの「Regular」と「Long」の2種類から選択。片方変更するごとに追加で5.95ドルが必要で、以前よりスティックの長さのバリエーションは少なくなっています。

SCUF Infinity 4PS FPS-01

形状と長さ。手のサイズや好みで選ぼう

新モデルでは、新たにロック用のリング「Infinity Ring」のカラーの変更が1.95ドルで行えます。リングは滑りの良い素材が使用され、スティックの動作がスムーズになるように配慮されています。

SCUF Infinity 4PS FPS-01

後で追記がありますが、2016年5月31日までに注文するとそれぞれの形状、高さのスティック計4本が無料で付いてくるので、色のこだわりが無い場合はそれも考慮するとお得です。

決まったら「NEXT」で次の設定へ。

4. EMRオプションの選択(SCUFバドルの設定)

SCUF Infinity 4PS

EMR(Electro Magnetic Remapping)は直訳すると電磁リマップとなり、背面のパドルに割り当てるボタンをカスタマイズする機能を追加するオプション。EMR MAG KEYというトークンのようなものをコントローラー背面に貼り付けている時のみ、パドルを押しながら任意の割当可能なキーを押すだけで簡単に割り当てが行えます。

SCUF Infinity 4PS FPS-08

トークンを外すと割り当て機能がオフになり、通常通りにパドルを使用できるという近未来的なイケてる機能となっており、19.95ドルで追加可能。オプションを追加しない場合は、XとOに割り当てられ変更できないようです。

SCUF 4PS Controller EMR Demo & Setup (Electro Magnetic Remapping)

5. トリガーシステムの選択

SCUF Infinity 4PS FPS-08

0.9mmの専用ツール「SCUF Key」によってトリガーの高さと硬さを調整できる機能。同じく「SCUF Key」によってトリガーの押し込みの深さを簡単に調整できる機能。そして、着脱可能な延長用のトリガーがセットになった新しいトリガーシステムを19.95ドルで追加可能(詳細記事)。延長用のトリガーの色を変えるとさらに1.95ドルの追加になります。

新たな特許技術だとのことで、ここは外したくないところ。

SCUF Infinity 4PS FPS-10

別名 雪の宿

6. グリップの種類と色の選択

今回新しく採用された、軍隊で銃のグリップなどをコートするのに使われている“ミリタリーグレード”の滑り止めを施したグリップを19.95ドルで追加可能。選択したカラーによっては色の変更ができない場合もあります。

さらには手汗を抑える制汗剤「GamerGrip(ゲーマーグリップ)」なる珍名ながら気になる商品も10.95ドルで購入できます。一度は使ってみたい気もしますが…?

7. 振動機能オプションの選択

SCUF Infinity 4PS FPS-11

DUALSHOCKに搭載されていう振動機能を、ハードウェアごとごっそり抜いてしまうオプションです。「Rumble Out」を選んで取り外すと、振動機能に精細なエイムの邪魔されることがなくなるとされ、コントローラー自体も軽くなり疲れにくいとされていますが、ここは好みで選びましょう。取り外すための追加料金は3.95ドル。

8. スティック無料プレゼント

SCUF Infinity 4PS FPS-11

2016年5月31日までに注文すると、それぞれの形状、高さのスティック計4本が無料で付いてきます。中心部がへこんだConcaveのレギュラーとロング、盛り上がったDomedのレギュラーとロングの4本になります。ここを通過しないと無料で付いてこないのでご注意を。

9. Gamer’s Bundleの有無

SCUF Infinity 4PS FPS-13

ゲーマーグリップ付き

以下の関連製品がセットになったお得なバンドル。通常は79.95ドルですが、コントローラー購入者は39.95ドルで購入できます。

  • コントローラー保護ケース
  • 3mの充電用ケーブル
  • スティックのキット
  • 「Infinity Rign」とロックのキット
  • 手汗の制汗剤「GamerGrip」

10. テストに使用するゲームと、発送までの時間を選択

SCUF Infinity 4PS FPS-14
全てのSCUFコントローラーは手作業で製造され、動作テストが行われます。ここで特定のタイトルを選択するとこで、そのゲームに向けた機能のテストを重点的に行ってくれます。テストには『Call of Duty』、『Destiny』、『その他複数タイトル』の3種の選択肢があります。

発送までにかかる時間は通常は15営業日となっており、その他の選択肢は現在のところありません。以前は24.95ドルを支払うと3-5営業日に、29.95ドルで2営業日に短縮することが可能でしたが、現時点では停止されている模様。

ここでついにカートへ追加となります。

11. 発送情報を入力して支払う

SCUF Infinity 4PS FPS-17

注文内容に間違いがなければ、緑のボタンを押して進みます。

shipping

発送情報の入力でつまづきそうな箇所は下記。

  • Addressの上部には町名や番地をローマ字で
  • Addressの下部には建物名や部屋番号をローマ字で
  • Town/Cityには市区町村をローマ字で
  • 電話番号は090-0000-0000で問題ないでしょうが、画面では海外からかける場合に使う国番号の+81を頭に加えて頭の0を1つ削ったものにしています。

住所の入力が終ればあとはいよいよ支払いを残すのみ。支払い方法をペイパルかクレジットカードから選択し、決算が済めば購入完了となります。

総額はオプションによって異なりますが、デフォルトのカラーにEMR、新しいトリガーシステム、新しいグリップ、振動機能の取り外し等の良い所をつけて217.7ドル(約24,000円)からとなります。

少々高い買い物になりますが、海外での大会では公認されており、プロも納得の“勝てるコントローラー”「SCUF(スカフ)」。気になるFPSゲーマーは、購入するかは別としても、自分がベストだと思うコントローラーを組んで遊んでみては?

コメント40
CATEGORY :
  • anndou

    社員コメ多過ぎないか
    Scufの記事に毎回いるんだが

    • ALIVE COD

      それ言ったら毎回CoD記事にディスりに来る奴は何なんだ
      ウザ過ぎるんだが