Xbox One の「マウスとキーボード対応」は数ヶ月内に決定、Steamでのタイトル販売も加速

Xbox One の「マウスとキーボード対応」は数ヶ月内に決定、Steamでのタイトル販売も加速

マイクロソフトのXbox部門代表であるフィル・スペンサー氏のインタビューから、Xbox Oneへのマウスとキーボードの対応が数カ月内にリリース予定であることや、Steamでのゲームタイトルを加速させていくことが判明しています。

Xbox Oneのマウスとキーボード対応

PCGamesNとフィル氏のインタビューによって明らかになったことで、氏は「開発キットではキーボードは動いているが、マウスはもう少し時間がかかるので、我々のプラットフォームチームが首を横に振り続けている。今回(キーボードとマウス対応について)語れるのも、実現が数年先ではなく数ヶ月先の段階だからなんだ。ただし具体的な日付はまだ決定していない」と語っています。

去年の同時期(関連記事)にもフィル氏はマウスとキーボードの対応について言及しており、当時も「そう遠くはない時期」と表現していましたが、いよいよ現実のものとなっていました。

これにより、コンバーターなどを用いなくとも、入力デバイスの格差がない形でのWindowsとXbox Oneでのクロスプラットフォームプレイが可能になりそうです。
(はちま起稿、オレ的ゲーム速報 刃などへの転載はご遠慮ください)

Steamでのゲームタイトルの販売に関して

こちらはGiant BombのE3でのライブストリームイベントで明らかになったもので、フィル氏はSteamの成長を「驚くべき成長」とし、運営元であるValveがWindowsの今後の成長にとって重要なベンダーであると強調。再度Steamにてゲームの販売を行っていくと明言しました。

フィル氏はさらに、Windowsストアでのゲーム販売に関しても言及し、Steamでの販売強化に繋がった経緯を説明しました。
「全てがトントン拍子には行ってはいない」と発言。「『Forza 6 Apex』はうまくいき、『Quantum Break』はベストなPCリリースではなかった、PC版『Killer Instinct』は成功で、『Gears of War Ultimate edition』はそこそこ。その時点では我々は学んだんだ」

先のマウスとキーボード対応に加え、ファーストパーティーのゲームのリリースがSteamにて行われ始めることで、Xbox OneとPCの垣根は一挙に低くなると見られており、そこに「史上最もパワフルなゲーム機」となる新型Xbox One「Project Scorpio」(詳細記事)が追加されるとなると、今後ユーザーにとってPCを含むゲーム機の選択に大きな影響を及ぼしそうです。

関連どうなるFPS:Xbox Oneがマウスとキーボードに間もなく対応

Source: Forbes

コメント61
CATEGORY :
  • jonathan d

    CSGOにXBOX勢ってでてくるのかな。。やっぱXBOXのほうがいいね。PSゴミ。。