オーバーウォッチ:“ライバル・プレイ”でも「同一ヒーロー禁止」は非採用、「プレイヤーにクリエイティブでいて欲しい」

オーバーウォッチ:“ライバル・プレイ”でも「同一ヒーロー禁止」は非採用、「プレイヤーにクリエイティブでいて欲しい」

以前にも修正予定が無いとされていた、『Overwatch(オーバーウォッチ)』で同じチームで同一ヒーローを選択する行為「ヒーロースタッキング」ですが、現在配信中のライバル・プレイ(ランクマッチ)でも「ヒーロースタッキング」を禁止する予定はないことを明言しました。

Blizzardのプリンシプルゲームデザイナーであるスコット・マーサー氏は、下記のようにその理由を述べています。

理論上は6人のトールビョーンで構成されたチームを作ることも可能だ。ただし、トールビョーンは弱体化されるけどね。同一ヒーローの選択に制限を設けないのは、プレイヤーにクリエイティブでいて欲しいからで、ゲームがローンチされてからまだ5週間だ。早まってプレイヤーを制限するようなことはしたくない。こういった制限はすぐに様々な影響を生み出してしまうしね。

氏はさらに「プレイヤーにはやりたいようにプレイして欲しい」と続け、バランスの問題が起きた場合はPS4/Xbox One版でのトールビョーンのように対処を行っていき、修正を重ねつつ様子を見ていくとしています。

「これは出来ない」という解決策はやりたくない。プレイヤーにとってより柔軟な状態を提供したいし、“実験”がもっと楽しいものであって欲しい。バスティオンになぎ倒されるのは必ずしも楽しいわけじゃないけど、殆どの場合で解決策は存在するんだ。

以前も「主要コンセプト」だと説明されていたように、『オーバーウォッチ』のゲームデザインには確固たる意志があるようです。

overwatch-shop_b

Source: PlayStation Lifestyle

  • こーな

    アンチヒーローで行けば良いだけだからな
    URT使えないのは痛いけど、試合に負けるよりマシだ

  • RIPマクリー

    リーパー、ザリアゲー

  • ああ

    ブリザード様のお言葉に従いますオーバーウォッチは神ゲー! オーバーウォッチは神ゲー!