CoD:IW:「流れるような60FPS体験をサポート」 「解像度はまだ発表しない」

CoD:IW:「流れるような60FPS体験をサポート」 「解像度はまだ発表しない」

新たにキャンペーンのオープニングミッション「Black Sky」のゲームプレイ映像が公開された『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』ですが、Infinity Wardのアートディレクターであるブライアン・ホートン氏が、解像度は不明なものの「間違いなく流れるような60FPS体験をサポート」することを明言しています。


インタビュー内でブライアン氏は、「現時点では解像度の発表は行わない。まだ最適化を行っている最中だが、間違いなく流れるような60FPS体験をサポートする」と発言。「現時点ではすべてのシステムで最高の体験を実現することにのフォーカスしている。システムの強みや制約の中で、最大限にそのシステムを活用することに重点を置いている」と説明しました。

ここでのFPSは各システムでの画面への1秒間の描画回数であるフレームパーセカンドの略で、描画の滑らかさに大きな影響を与えます。前作の『CoD:BO3』では旧世代機(PS3、Xbox 360)が30FPSで、PS4とXbox Oneでは60FPSとなっていました。

旧世代機版のリリースが見送られた今作では、まずXbox Oneでの解像度が1080pを達成できるかと、カットシーンとプレイ時における安定性にも注目が集まりそうです。

CoD:IW』の発売日は2016年11月4日で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。通常版以外のデラックス版にはキャンペーンとマルチプレイヤーを搭載した『CoD4:MW』のリマスター版『CoD:MWリマスター』が同梱されます。

Source: Gamingbolt

コメント13
CATEGORY :
TAG :
  • KE55B1

    FOVは105前後が1番つよいらしいです(ソースなし)