タイタンフォール2:大幅に改善された新たなマッチメイキングの詳細発表、全マップを無料配信

タイタンフォール2:大幅に改善された新たなマッチメイキングの詳細発表、全マップを無料配信

Respawn Entertainmentは『Titanfall 2(タイタンフォール 2)』の日本版公式ブログを更新、サーバーエンジニアのマイク・カラス氏が今作における新しいマッチメイキングシステムの詳細な説明を行っています。

マイク・カラス氏は前作『Titanfall』の反省点を、サーバーの再検索、サーバー併合、プレイヤースキルシステムとその適用タイミング、DLCマップパックの追加によるマッチングの複雑化だと説明。『タイタンフォール 2』では以下の興味深く、新しいマッチメイキング機能を導入しています。

  • マッチが終わる度に、全プレイヤーに対して新しいマッチを検索する機能を導入する。
  • マッチが終わる度に、全プレイヤーに対してマッチメイキングが行われると、マッチの作成速度が飛躍的に向上する。 これによって全員が適切な難易度のマッチを楽しめるようになり、不適切なマッチに取り残されることがなくなる。 また、マッチの定員を確保できる頻度も上昇する。
  • マッチ作成が高速化されると、チームの作成状況をプレイヤーに表示する意義が薄れる。 プレイヤーは代わりにアクティブなネットワークで時間を過ごして、次のマッチに備えることができる。
  • マップは販売せず、できるだけ素早く良質なマッチメイキングを提供できるようにする。 今作では、マップはすべて無料で配信する。

プレイヤーはマッチが終わるたびに近日紹介予定の機能「ネットワーク」へ移動し、ロードアウトを変更したりマッチの成績や各種データの閲覧、次のゲームの準備などができます。スキルレベルの判定はマッチの勝敗やマッチへの“総合貢献度”が基準となり、腕前が近いプレイヤーとのマッチングが実現。「より白熱したマッチが楽しめる」ように配慮されています。

近日開催予定のマルチプレイヤーテックテストではサーバーの信頼性テストのほか、この新しいマッチメイキングシステムも体験可能。同氏は「ぜひテストに参加いただき、ゲームを沢山プレイして、貴重なご意見をお聞かせください!」と締めくくっています。

Titanfall 2 – Inside Development: Matchmaking

マップの無料配信は今年の6月には発表されており、この時もコミュニティのためだと説明されていました。

『タイタンフォール 2』の発売日は10月28日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Titanfall 2

コメント11
CATEGORY :
  • noname

    マップ無料は嬉しいね!
    こういうゲームを支えるためなら多少高めの価格でも喜んで支払う。

    しかしマッチングについてはあくまで欧米圏向けのアナウンスであって、日本ではどれだけ配慮してもらっても焼け石に水だろうな…
    問題の根本原因が絶対的なプレイヤー不足だし、あるタイミングで同時にマッチング検索してる人同士を繋ぎ合わせるって方式のままだとどう調整しようが厳しいよね。
    やっぱり鯖ブラ搭載して、特定のたまり場みたいなサーバーでダラダラプレイしながらなんとなくいつものメンバーを待つ…みたいなCoD4とかBF的な仕組みが理想だけど、望み薄だよなあ。