現世代機で最も売れたゲームは『CoD:BO3』

現世代機で最も売れたゲームは『CoD:BO3』

先日行われたActivision Blizzardの2016年第2四半期の収支報告にて、去年の11月にリリースされた『Call of Duty: Black Ops 3(コールオブデューティー ブラックオプス 3)』が、本年度においても現世代機(PS4、Xbox one)にて最も売れているゲームの地位を保っていることが明らかになりました。

昨年のリリースにも関わらずプラットフォーム累計で「2015年に最も売れたゲーム」となったことが発表されたCoD:BO3』。その快挙は留まることを知らず、発売から10ヶ月が経過した現在でも現世代機において他の追随を許さない勢いを保っているようです。

前作『CoD:AW』との比較では、月間平均プレイヤー数、ゲーム本体の売上、ゲーム内コンテンツの売上で勝利。ユーザー1人あたりの平均収益を下げることなく、ゲーム内コンテンツの購入者数も2倍を記録しているとのこと。

『Call of Duty: Black Ops 3(コールオブデューティー ブラックオプス 3)』

一方で今年発売の最新作となる『CoD:IW』は『CoD:MW』のリマスター版が含まれるコレクターズエディションの予約数でシリーズ最多となっていますが、全体での予約本数は『CoD:BO3』を下回る結果となっており、Acitivisionもその対策に追われているようです。

9月のビッグイベント「Call of Duty XP 2016」では、『CoD:IW』がマルチプレイとゾンビの試遊、『CoD:BO3』では第4弾DLCの発表や、賞金総額160万ドル(約1.63億円)の「Call of Duty Championship」の開催が予定されています。

両作が相まみえる形となりますが、どちらがより強いファンの関心を得るのか注目が集まります。

Source: Gamespot

コメント35
CATEGORY :
  • IW楽しみ

    なんだかんだIWめっちゃ楽しみ
    みんなRIPCOD言うけど個人的には結構期待してる