BF1:『バトルフィールド 1』のオープンベータ開始、誰でも参加可能に

BF1:『バトルフィールド 1』のオープンベータ開始、誰でも参加可能に

昨日、一足先に配信された『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』ベータ版の先行アクセスですが、本日2016年8月31日、誰でも参加可能なオープンベータが開始されました。

ダウンロード

サイズはPS4が6.1GB、PCが7.1GBとなっています。

概要

「バトルフィールド 1」で、第一次世界大戦を体験せよ。新たなテクノロジーの台頭と世界規模の戦いにより、戦争の概念を一変させた大戦がいまよみがえる。 あらゆる種類の戦闘に参加し、数々の巨大な兵器に乗り込み、自らの手で戦いの行方を決定づけよ。 塹壕を越えた先には、全世界を揺るがす大戦が待ち受けている。

ベータでプレイできるマップ

戦いの舞台となるのは、エル=ジファーの東に位置する灼熱の戦場、「シナイ砂漠」マップ。 馬に乗って砂丘を突撃し、ビル・エル・マザールの村の狭い路地では奇襲を仕掛け合い、巨大な断崖の上ではドッグファイトに挑戦…さまざまな体験が待ち受けています。 そして、すべての希望が失われたとき、追い詰められた部隊のもとに現れる強力な援軍。それこそが砂漠を疾走し現れる陸の巨大兵器、装甲列車です。

ベータでプレイできるゲームモード

  • コンクエスト 「バトルフィールド」シリーズの定番として長く愛されてきたコンクエストは、64人のプレイヤーが重要地点の支配をめぐり対戦する大規模ゲームモード。 多数の歩兵とそれを先導する機甲部隊や巨大兵器が戦場で激突し、「バトルフィールド」の誇る全面戦争を余すことなく実現する。
  • ラッシュ 防衛チームが砲撃要請に使う電信施設を、攻撃チームが見つけて破壊する24人までのプレイヤーが参加できるモード。 防衛チームは、攻撃チームが電信施設に設置した爆弾を解除してミッションを妨害することができる。 もし電信施設が爆破されたら、防衛チームは次の陣地へと後退し、そこにある電信施設を守らなければならない。
「バトルフィールド 1」公式Gamescomトレーラー

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の発売日は2016年10月21日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: battlefield.com

  • しゅー

    i5 4690k gtx1060で80fpsくらいが平均なんだけどCPUが100%になって数字に出ないんだけどかくつく、このゲームってそんなに重いの?

    • テス

      自分はi7 4790kとgtx980でfps100以上安定でかくつきもなし(ウルトラ設定)
      cpuが性能不足なのでは?