PS VR初の本格FPS『Farpoint』プレイレポート

PS VR初の本格FPS『Farpoint』プレイレポート

東京ゲームショウ2016のソニー・インタラクティブエンタテインメンブース、PlayStation VRコーナーにて、本格的なFPSとしては恐らく初となるPS VRシューター『Farpoint』をプレイすることができました。

PS VR初の本格FPS『Farpoint』

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-16-19-17
舞台は赤土と岩に囲まれた惑星。そんな煤けた大地に降り立つ主人公は宇宙服のようなスーツを身に着けています。操作はコントローラーではなく、銃型のガンコントローラ「PlayStation VR Aim Controller」で体験することができました。

PlayStation VR Aim Controller

PlayStation VR Aim Controller

PlayStation VR Aim Controller

PlayStation VR Aim Controller

まずは『CoD:MWR』に搭載された武器鑑賞機能(詳細記事)のように、持っていたアサルトライフルをじっくりと眺めてみると、もちろん前後左右どころか自由自在に鑑賞することができます。トリガーを引くと、キチンと画面の宇宙服のようなものを来た私の指も連動して動きます。

ゲーム進行はひとつのイベントごとに極短く区切られており、「小型のクモのような敵を倒す」、「中型の毒液を吐くクモを倒す」、「狭い崖をソロソロと歩く」といった短いミッションをクリアすれば次のミッションへ進めます。クモの飛び散る体液は生理的嫌悪感を与え、高い崖は「危険な場所は怖い」という人間の本能に訴える、VR体験として優れたチョイスだと感じました。

PlayStation VRのヘッドセットで360度構築された惑星の左右を見渡しながら、「PlayStation VR Aim Controller」のスティクで前進。完全に自分の意思で移動し360度を見渡せるのはなかなかに刺激的な体験。

Farpoint – E3 2016 Announce Trailer | PS VR

ミッションの途中で近距離で効果を発揮しそうなショットガンを拾うことができるのですが、これは「PlayStation VR Aim Controlle」を武器に重ねるように置くことで交換できるという粋な仕様。

FPS・VR初心者も安心

もしクモに噛まれたり、飛ばしてくる毒に当てってやられてしまっても、すぐに死んだステージから始められるので、まったくストレスはありません。

ただし一箇所だけ、途中で拾えるサブウェポンのグレネードが上手く敵に当たらず、どうしても引っかかってしまう場所がありました。3回ほど死んでしまって攻略に少々困惑していたところで、自動で次のステージへ。これはゲーム初心者やVR苦手なユーザーでも、置いてきぼりにはならない嬉しい配慮だと言えそうです。

ラストは空を覆わんばかりの巨大なクモが豪快に登場、とても手持ちの武器では勝てない気がして絶望し、全力後退を試みたところでデモが終了して一安心。

予想以上に満足

まだ発売日は未定ながらなかなかに作り込まれており、銃のディティールや挙動を眺めるのも楽しく、ステージ上のオブジェクトを心地よく破壊することもできました。予想以上に満足できる、没入感の高いFPS VR体験となりました。本作は「PlayStation祭 2016秋」で体験できるので、最先端技術の一旦を味わってみては?

  • Farpoint
  • 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • PS VR:必須
  • 発売予定日:未定
  • ジャンル:シューティング
  • CERO:審査予定
コメント2
CATEGORY :
  • Snake Geralt

    蜘蛛がZetsubou no shimaのパクリで怒り心頭だわ!

  • なおまん69

    まるでFPS情報ブログみたいだな