コジプロ最新作『DEATH STRANDING』:小島監督インタビュー「何もかも失ったかと思ったが何も失っていなかった」、「今作も説教入り」、「メタルギア サヴァイヴは全然知らない。ゾンビ出すわけない」

コジプロ最新作『DEATH STRANDING』:小島監督インタビュー「何もかも失ったかと思ったが何も失っていなかった」、「今作も説教入り」、「メタルギア サヴァイヴは全然知らない。ゾンビ出すわけない」

これまでにないオンライン要素を搭載したオープンワールドアクションとなることが明らかになった『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』ですが、9月18日の東京ゲームショウ2016プレイステーションブースに、コジマプロダクションの小島秀夫監督とアートディレクターの新川洋司氏が登場。

ここに至るまでの経緯や、ユーザーから寄せられた質問に回答するユーザーズセッションを行いました。コジマプロダクションの処女作となる『DEATH STRANDING』はもちろん、自身の退社後に開発されたメタルギアシリーズ最新作『METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイヴ)』についても語っています。以下、イベントでのコメントをざっと書き出しています。

ユーザーズセッション 『コジマプロダクション』(東京ゲームショウ2016)

ユーザーズセッションは27:00から。

目次

まずは集まったファンへひとこと

小島監督「ただいま!2年ぶりのTGSですが、日本でみなさんと同じ空気、環境にいられることは本当に感無量です。ありがとうございます。みなさんに会えました!」

新川洋司氏「たくさんの人が集まっていて本当にびっくりしています。2年ぶりで緊張していますが、みなさんよろしくお願いいたします。」

小島監督「みなさんのライブ・ストランディングということで」
screenshot-1

E3でのDEATH STRANDING発表について

登場前から歓声がすごく、出るタイミングも話すことも難しかった。何もかも失ったかと思ったが、何も失っていなかった

Q. コジプロ発足した理由

ひとことで言うと、世界中のみなさんが遊びたいゲームを作るためだけです。食べるためとかお金儲けするためではないです。本当ならもう年なので引退なんですけど、みなさんが僕を必要としていると聞いて、みなさんが遊べるゲームを作ろうと。それだけです。

Q. みなさんが望んでいるゲームとは

AAAタイトルの、ハイエンドで、ストーリーもあり、テーマもあり、ゲーム性もあり、ボリュームもありクオリティも高いというゲームが望まれているので、それを作るしかないなと。

Q. DEATH STRANDINGのジャンルはSFなのかホラーなのか

僕のゲームされたことがある方はわかると思うんですが、Sci-Fi、ホラー、冒険小説などの色んな要素があってひとつのゲームとなっているので、ジャンルでは言えませんが僕のゲームです。驚きも斬新さも入れるので喜んでいただけるかと。

Q. 起業は大変だと思うが

起業しない楽な方法もあったが、みなさんが望むものを作るためには、それなりのスタッフを集め、目が行き届くようなゲーム作りを整えないといけない。みなさんが望むゲームを作るためにはそうするしかなかった。

Q. 不安はなかったか?

テクノロジーが日々進歩する中で30年間作ってきたので、同じことをするだけです。

ユーザーセッション

Q. (新生)コジプロ発足当時のことを教えてください

昨年4畳半のレンタルオフィスを1部屋だけ借り、4人で作業していた。小島監督はノートPC、PS4、「ニュー・オーダー」(イギリスのロックバンド)のマグカップ、J・J・エイブラムスから貰った手紙しか置いておらず、新川氏に至っては机すらなかった。コピー機もPCもなかったので、コンビニで印刷したりスマートフォンで撮影して修正したりしてました。

東京ゲームショウ2016 コジプロ

東京ゲームショウ2016 コジプロ

その環境でルーデンス(関連記事)を作ったため、大変でした。ミーティングも喫茶店で。

これは去年(2015年)のことで、今は事務所も機材も用意し、スタッフを募集している。事務所はまだ工事が完了していないが、完了したらみなさんにもお見せしたい。今は四畳半ではないので応募する方は安心してください。

Q. ゲームエンジンは決まったとのことだが

今年1月から世界中を回って実験していたが、ようやく決まりました。まだ発表できないが、市販のものではなく某有名スタジオのエンジンを使用です。お互い技術提携をしながらブラッシュアップしていこうとしています。

Q. PS4 Proが発売されるが、『DEATH STRANDING』は対応?

HDRと4Kには対応する。HDRの意味はヒデオレンジです笑。4Kはキレイ・キレテル・キマクッテル・コジマの意味。

Q. 『DEATH STRANDING』はオンラインで遊ぶゲームだと聞いたが、1人でもプレイすることはできるのか

もちろん1人でも遊べる。スタンドアロンでストーリーを楽しめる。オープンワールドだが、いままでのCo-opや対戦とは違うまったく新しい使い方をしています。他のプレイヤーとプレイするというより、なわ的なつながりを利用したまったく新しいものとなります。

Q. (新川氏に対して)メカは出ますか

やっぱ欲しいです。出すとしたら二足歩行メカ。

Q. キャスティングはもう完了しているか

まだ進行中です。決まった人もいるがまだ終わっていない。おっさんだけでなくヒロインも登場します。僕としてははだかのおっさんだらけのゲームにしようと思ったけど笑

Q. ノーマン・リーダス氏を起用した理由

昔からリーダスさんのファンで仕事したいと思ってました。以前一緒に製作していたプロジェクト(『サイレントヒル』)が進まなくなったときに、心配して連絡してくれた。そこでもう一度やりましょうと。ノーマンありきでこの作品を考えた。裸にしましたけど笑。裸シーンの撮影はパンツ1丁でした。彼はナイスガイで、やんちゃなイタズラ大将のような感じだが、とても気を遣っている人です。

『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』E3 2016ティザートレーラー

Q. (新川氏に対して)実在人物が起用されている場合、キャラクターデザインはどのように進めるのか

コミコンでノーマン・リーダスに初めて会いました。会う前まではイメージで服装などを描いていたが、会ってどのような人物かを知れたため、イメージが湧いてきた。服装が人物を表すと思っているので、そこを重視しています。

小島監督は「ウォーキング・デッド」のようなノーマン・リーダス像ではなく、彼の新しい部分を出すのが僕のミッションです。ゲームのキャラクターの多くは、甲冑、バトルスーツ、宇宙服のようなアーマー、革ジャン、パーカー、スーツを着てます。裸はいませんが、これらとはまったく違う新しいヒーロー像になってます。これまでにないヒーロー、ノーマン像になってます。裸に亀甲縛りではありません。

Q. 先日のコミコンでマッツ・ミケルセン氏との写真がTwitterに投稿されていましたが、お互いの関係は

マッツ・ミケルセン氏の大ファン。2、3年前にニコラス・ウィンディング・レフン監督から連絡先を聞き、コミコンでご飯くうたくらいで。これから友だちになっていきたい。バトミントンを一緒にやりたい。

Q. コジマプロダクショングッズのネット販売はするのか

いつとは言えませんが、準備がととのい次第開始します。

コジプロ グッズ

現在ファミマ2店舗で販売中の公式グッズ

現在ファミマ!!2店舗で販売中の公式グッズ(ギルドデザインiPhoneバンパー)

現在ファミマ2店舗で販売中の公式グッズ(ギルドデザインiPhoneバンパー)

Q. 『DEATH STRANDING』の発売日は?

発売日は決まってます。そこに向けて進行している。5年、10年はかかりません。東京オリンピックよりも早いですし、アニメ映画「AKIRA」の舞台(2019年)よりも早いです。

Q. ノーマン・リーダス氏のキャストは決まっているが、日本の声優さんは決まっている?

元のキャストも決まってないため、声優さんはこれから決めます。

Q. 『DEATH STRANDING』のシリーズ化計画は?

新川氏「僕は5くらいまで作りたいですね」

小島監督「人気がでれば作りたいですね。ただレフン監督によると、小島監督は新しいものを作らないといけないので、続編を作るべきではないと。どうしたらいいかと聞くと「簡単。主人公を殺すべきだ」と言われました。そんなこと出来ませんもんね笑。主人公を殺すのはプレイヤーですから」

Q. メタルギアシリーズ最新作『METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイヴ)』が小島監督のアイデアという噂があるが

全然関係ないですよ。まったく知りません。だって関係ないじゃないですか、あくまで僕の中でですけど、METALはポリティカルフィクションであり、エスピオナージものなので、ゾンビなんか出るわけないじゃないですか

新川氏「僕も関わってないですし、二足歩行でてないメタルはメタルじゃない」

Q. 『DEATH STRANDING』のテーマは棒ではなく縄的な繋がりとのことだが、もう少し詳しく教えてください

アクションゲームは棒でCPUと戦うところから始まり、その後、戦いながらドラマが展開するようになり、ネットワークが繋がって、棒で戦いながら対戦ができるようになったんです。

今では戦うことも、オンライン上の仲間と、棒で共通の敵を倒すこともできるようになったが、やはり繋がっても棒になっている。

SNSがメジャーになったが、言葉の暴力が多くあり、棒で叩きあうことが今の世の中にはあるので、もう1歩先に行きましょうお、本当のなわの繋がりをしましょう、というのをやっぱり説教が入ってますが、体感するアクションゲームとなっている。物語も世界観もすべてそこに集約しています。

ユーザーやアクター、SIEなどと繋がりながら作っているので、その感覚はゲーム(『DEATH STRANDING』)をやるとをプレイするとわかってもらえると思います。

最後にひとこと

本当にありがうございます。みなさんとの「繋がり」を今ひしひしと感じています。僕らはインディーズなので、少人数でバックも何もない。僕らが棒を持っても世界では勝てませんが、世界中のみなさんと繋がったゲームづくりをしたいと思います。必ず良いものを造ってみなさんに喜んでいただけるようにしたいので、よろしくお願いします。本日はありがとうございました!

  • Fackt

    コジプロの躍進を願ってます!

  • リリー

    楽しみに待ってるよ

  • Kojima

    このサイトってコジマ信者しかいなくて怖い

    • FPS_Teraflip

      クソワロタ

  • .zip

    >某有名スタジオのエンジン
    そういえば前にDICEの本社に行ったってツイートがあったな
    ということはDEATH STRANDINGにFrostbiteエンジンを使っている可能性が微レ存…?