CoD:MWR:途中参加の負け試合では、統計に敗北が付かないよう変更

CoD:MWR:途中参加の負け試合では、統計に敗北が付かないよう変更

一部のプレイヤーがアクセスが可能となっている『Call of Duty: Modern Warfare Remastered(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード)』のマルチプレイヤーですが、途中参加のゲームにて負けた場合、統計に敗北がつかないようになっていることが判明しました。

この仕様は『CoD:BO3』で登場したものとなっており、『CoD:IW』のベータテストでも確認されています。様々な変更や機能追加が判明している『CoD:MWR』ですが、デベロッパーRaven Softwareの膨大な改善へコミュニティーからは賞賛の声が寄せられています。

『CoD:IW』の発売日は2016年11月4日で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。通常版以外のデラックス版にはキャンペーンとマルチプレイヤーを搭載した『CoD4:MW』のリマスター版『CoD:MWリマスター』が同梱されます。

Source: Charlie Intel

コメント6
CATEGORY :
  • a

    RLでもそうだし今となっては当たり前の仕様だね