CoD:IW:「全国大学生対抗戦」の予選ルール決定、モードはハードポイントでマップはTHROWBACK。リグや武器の制限なし

CoD:IW:「全国大学生対抗戦」の予選ルール決定、モードはハードポイントでマップはTHROWBACK。リグや武器の制限なし

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は本日、『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』の「全国大学生対抗戦」の予選大会ルールを発表しました。コンバット・リグや武器、スコアストリークの制限はなく、激しい戦闘が予想されるルールとなっています。

全国大学生対抗戦」予選大会ルール

  • 全試合「ハードポイント」で実施。
  • 一定時間ごとに指定されるエリアを制圧・防衛していき、ポイントを獲得していくルール。エリア内に1人でもプレイヤーがいればエリア制圧。制圧中は1秒ごとにエリア内にいるチームメンバーの人数に応じてポイントが加算される。(アドバンスルールのスコア:追加を使用)
  • 制限時間は5分。
  • 時間内に「300ポイント」を先取するか、5分経過時点で獲得ポイント数の多いチームの勝利。
  • マップは全試合「THROWBACK」を使用。
  • 「コンバット・リグ」、「ウェポン」、「スコアストリーク」に制限は設けない。

マップとモード

  • マップ: THROWBACK
  • モード: ハードポイント
  • ゲーム設定: タイムリミット5分 / スコアリミット300ポイント

ゲームモードルール詳細

デフォルトとは異なる設定部分のみを抽出。激しい戦いが予想されますが、出場予定の学生諸氏はこちらの設定で訓練を積みましょう。

アドバンス

  • スコア:追加

チーム

  • 3人称視点観戦:オフ
  • キルカメラ:オフ
  • チームキル処罰リミット:オフ

ゲームプレイ

  • ペイロードスコア:x1.5

決勝大会は2017年3月で、予選や本戦の模様はTOKYO MXで放送予定。エントリーは公式サイトのエントリーフォームから。

Source: playstation.com