フォーオナー

『バイオハザード7 レジデント イービル』 の最終体験版「ミッドナイトバージョン」では“戦闘”が解禁

『バイオハザード7 レジデント イービル』 の最終体験版「ミッドナイトバージョン」では“戦闘”が解禁

サバイバルホラーの金字塔『バイオハザード』シリーズの最新作『BIOHAZARD 7 resident evil(バイオハザード7 レジデント イービル)』が、遂に1月26日に発売が迫っています。そこで、すでに400万ダウンロードを突破位した謎多き体験版『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』に改めて着目、「圧倒的かつ未知の恐怖体験」の片鱗が垣間見えました。

謎の深まるトレーラー

「PlayStation Experience 2016」でお披露目されたPVでは、物語の鍵となる要素が散りばめられた映像となっています。映画「悪魔のいけにえ」を髣髴とさせる狂気のベイカー一家や、主人公イーサンの妻と思しき女性、正体不明の謎の少女も登場。

『BIOHAZARD 7 resident evil』 TAPE-3“バイオハザード”

体験版「ミッドナイトバージョン」

体験版『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』は2016年6月より無料配信されている体験版。この体験版は9月に『トワイライトバージョン』としてアップデート、そして12月には最終バージョンとなる「ミッドナイトバージョン」が公開されました。

最終版となる「ミッドナイトバージョン」では、探索範囲の拡大に加えて、怪物モールデッドとの「戦闘」が追加。体験版ながらマルチエンディングを採用し、更にはPS VRとPS4 Proにも対応するという、とても無料の体験版とは思えない力の入れようです。

『ビギニングアワー』と『BIOHAZARD 7 resident evil』本編のつながりは不明ですが、謎が深まる一方でその魅力的な要素や雰囲気を存分に体験できます。なお体験版をプレイしておくと、本編でちょっとした特典を受けられる模様。

体験版ダウンロード

バイオハザード7 レジデント イービル

シリーズでゲーム性に変化のあった『バイオハザード』ですが、『バイオハザード 7』は紛れもなくサバイバルホラーで、一人称視点やPlayStation VR対応によって恐怖への没入感は従来のタイトル以上。深まる謎とともに期待も大いに高まります。

『BIOHAZARD 7 resident evil』の発売予定日は2017年1月26日で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: PlayStationBlog

コメント6
CATEGORY :
  • は?

    仕事しろ

  • エアアさん

    ボロクソ言われていくー

  • ねこ

    なんだよまたアプデきたのかと思ったわ
    この記事いらなくね?

    • Komutto

      わかる
      アプデきたのかと思ったわ笑

  • P

    え、約1ヶ月前のことを記事にしてるの?いい加減に辞めろよ

  • 95

    今更かーい