プロeスポーツチームSCARZ、フィンテックのマネーパートナーズと提携を発表「日本の選手を世界へ」

プロeスポーツチームSCARZ、フィンテックのマネーパートナーズと提携を発表「日本の選手を世界へ」

プロeスポーツチームSCARZは、東証一部上場のマネーパートナーズグループのグループ企業株式会社フィンテックとの提携を発表しました。この提携はゲームとFinTechというユニークな組み合わせとなっています。

以下プレスリリースより:

e-Sportsで日本の選手を世界へ送りたい

Pro e-Sports Team SCARZとの提携及びスポンサードのお知らせ
SCARS
株式会社 マネーパートナーズ(本社:東京都港区 代表:奥山泰全)は、e-Sports業界において国内屈指の強豪チームである、マルチプロゲーミングチーム/Pro e-Sports Team SCARZ(運営:株式会社XENOZ 代表:友利洋一)との提携及びスポンサードを決定いたしましたので、ご報告いたします。

このパートナーシップを通し、今後、日本国内のe-Sportsの全体的な発展と、日本選手の世界への挑戦を、応援する仕掛けを検討し、展開して参ります。
マネーパートナーズは、オンラインでの外国為替証拠金取引の専業会社として初めて上場を果たし、インターネットを利用したサービスの簡素化を追求、手数料などの無駄を省き、日本最安コストの外貨両替とプリペイドカード事業を拡大させてまいりました。(※1) そうしたIT技術と金融の業務を元に、直近では、仮想通貨への取組からいわゆる「FinTech」分野への参入で注目をいただいております。

日本のゲーム人口は4855万人、コンシューマーゲーム人口は3200万人、PC/Tabletゲーム人口は1500万人といわれています。(※2) 欧米、アジア周辺諸国では、e-Sportsのプロチームやプロリーグが組織され、世界のe-Sports人口は2億人を突破しているといわれ、大きいもので賞金総額数億円、観客数万人を集める大会が各地で開催されています。しかしながら、日本では、他国と比較すると選手としての参加は少なく、プロとして生活を成立させる環境も貧弱なのが現状です。

マネーパートナーズでは、e-Sportsの分野で日本の先駆者となっている チームSCARZの日本でのプロゲーマーとしての活動や、世界への挑戦を支援することを通し、日本のe-Sports全体の隆盛を願い、この度の発表にいたったものであります。 第1弾の提携活動としましては、SCARZの公式サイトからマネーパートナーズの発行する年会費無料のマネパカードの新規開設があった場合、一定額がチームの活動に使われます。

◇e-Sportsとは

日本国内では「運動・体育」と捉えられるが本来のスポーツ(英:sport)の意味は「楽しむ・競技」という意味があり、欧米ではチェスやビリヤードも「スポーツ」として認知されています。「スポーツ」は、2つの方向性があり、仲間作りや家族のふれあいをすすめ、技術の習得に重きをおかず、生涯を通して楽しんでプレイする『レクリエーション・スポーツ』と技術の習得や、体と心の鍛錬を行い、戦略を考え抜き、技術力の向上を目指し、タイトルを競う『チャンピオンシップ・スポーツ』に分けることができます。「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称です。(※3)

◇SCARZとは

2012年に設立、2015年春からプロとしての活動をスタートさせ、現在複数のe-Sportsタイトルで活動する日本のe-Sportsチーム。公式ページは http://www.scarz.net。 SCARZ【スカーズ】の名前は「傷」からの由来で「人々の心に跡を残し続ける存在」の意味。 チームカラーはレッド&グリーン。

真剣にe-Sportsと向き合い、複数タイトルをカバーしつつも、一つ一つを極める事に全力を尽くし、日本ではまだ珍しいe-Sportsの選手集団として、「プロ」としての気持ちを大事に持ち、世界を、そして、いつでも頂点を目指し、24時間体制の特訓を続けています。また、チーム全体として幅広いタイトルとクロスオーバーすることで、今までにない可能性を引き出し、e-Sports業界全体の更なる発展と成長に、メンバー各々が尽力しています。

SCARZは、短い期間で、運営体制やコーチングを追求し、今までもTGS出場や様々なリーグ経験を積み重ね、現在、e-sportsの分野で世界を目指すと共に、日本での普及を目指すべく、ゲーム業界外からの協力、応援を獲得するため、e-sportsの啓蒙のために代表自ら奔走しています。

◇マネパとの出会い

マネーパートナーズ代表の奥山は、日本のゲーム産業の創成期より興味をもち、界隈との人的関係を構築してきました。また、趣味のアンティークゲームソフト収集は有名で、何度かメディアにも取り上げられたことがございます。そんな中で、SCARZの熱い想いに触れ、ただのスポンサードに終わることなく、外国為替の会社である強みから、日本e-sports業界の世界への挑戦へのバックアップ体制を構築したいとの想いと、ゲームとFinTechという専門業界相互のシナジーによる両社の発展を模索するべく、今回の提携にいたりました。

◇直近のトーナメント情報

2017 LJL SPRING SPLIT

SCARZの初戦は、2017年1月21日17時開始 Rascal Jester戦 ご期待下さい。


◇SCARZ代表 友利氏よりコメント

この度SCARZは、株式会社マネーパートナーズ様とスポンサー契約を結びました。まずは、この度の契約でe-Sportsに新たな風を吹かせることが出来ること、プロチームとして活動しているSCARZ代表として心よりお礼申し上げます。マネーパートナーズ様はSUPER GT300(カーレース)に続いて、日本のe-SportsとSCARZと手を取り合っていきます。今回の始まりは、SCARZとしてもe-Sportsとしても共に更なる進化が出来ると感じております。SCARZが目指す道はe-Sportsというジャンルを伝統あるスポーツの一種にすると共に、人気スポーツ同様の地位を確保していくことです。

マネーパートナーズ様との提携を心より嬉しく思い、チームが更に進化と跳躍を行い前進して参ります。代表の奥山様は、スポーツやチームに対しての考えにとても共感を得ることが沢山あります。一緒に進むべき上で強さだけではなく、競技やスポーツとしてシーンの可能性を広げていきます。今後もマネーパートナーズ様とSCARZを宜しくお願いします。


マネーパートナーズは、e-sportsの未来は明るいと考えます。今後の取組みにご期待ください。

※1 株式会社矢野経済研究所 平成28年5月実施「外貨両替コスト比較調査」 対象:米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン 数量800通貨以上 の調査結果 及び 同研究所 平成28年「海外専用プリペイドカードのコスト比較調査」において
※2 e-sportsグローバル市場調査/ゲームメディア「newzoo」を参考
※3 一般社団法人日本eスポーツ協会の定義より抜粋


株式会社マネーパートナーズ

  • URL: http://www.moneypartners.co.jp/
  • 会社名 株式会社マネーパートナーズ
  • 所在地 東京都港区六本木3-2-1
  • 設立 2008年5月9日
  • 代表者 代表取締役社長奥山泰全
  • 事業内容 金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引、有価証券関連業務及びこれに付随する一切の業務。外国通貨の売買、売買の媒介、取次ぎもしくは代理、その他これに付随する業務。。金融商品取引業及びこれに付随する業務。資金移動業 商品先物取引業
  • 資本金 31億円(平成27年9月30日現在)

Source: PressRelease

コメント1
CATEGORY :
  • 天津木村おるやん!!