フォーオナー

Destiny: 武器バランス調整アップデートは2月中旬配信、ショットガン以外の武器強化など

Destiny: 武器バランス調整アップデートは2月中旬配信、ショットガン以外の武器強化など

2017年3回目となる、『Destiny(デスティニー)』公式ニュース「今週のBungie(2017年1月16日)」が更新されました。先週報じられた武器バランス調整のダウンロード時期が2月中旬であり、ストリーミング配信を予定していることも明かされました。

臨時修正2.5.0.2

次期アップデートとなる2.5.0.2の目的はクルーシブルでの攻撃やカウンター攻撃を調整で、以下の内容を適用予定とのことです。

  1. ショットガン以外の銃が使われるようにし、ショットガンに対抗できるようにもする
  2. 精密な変更でメインウェポンの有効性を揃える
  3. 各クラスで見られる数点の問題に取り組む
  4. いくつかのエキゾチックの問題をいくつか修正する
  5. 特殊ウェポン弾の調節のサポート

ログイン出来ない不具合発生中

先日のアップデート以降、Destinyをプレイしようとするとタイトル画面に戻される不具合の報告が増えています。これは複数のハードウェアにサインインしていると発生し、特に、「PlayStation VitaからPlayStation 4のDestinyにアクセスしようとすると、リモートプレイを使うことができなくなっている」とのこと。

BungieはSonyと共同でこの問題の原因を調査中で、上述のエラーが発生した場合は、以下の修復手順を試すよう掲載されています。

  • PlayStation Plusのメンバーシップがきちんと更新されていることを確認する
  • 使っているハードウェア全てからサインアウトする

この問題に関してはヘルプ記事が用意されているので、そちらも参照してください。

総評

こんにちはEAA!!のDestiny担当ライターいーさんです。2017年3回目の「今週のBungie」では、先週示唆された「武器バランス調整」の主な概要が明かされました。

目標を読むとショットガンの調整よりも、他武器の強化の方が重点を置かれているように受け取れます。メインウェポンは有効性を揃えるとあるので、これは高レート型パルスライフルの弱体化でしょう。 先週、私はショットガンが問題なのではなく、メインウェポンなどが弱すぎるのが現在の問題と考えていると述べましたが、この修正からはメインウェポンは足並みを揃える程度にとどまっているように感じられます。

各クラスで見られる数点の問題に取り組むという点については3点思い当たります。ひとつは、ヘッダー画像にもあるウォーロックのサブクラス「ストームマスター」の弱体化でしょう。射程範囲が最大で10m弱あり強烈なエイムアシストもついている近接攻撃、強烈な連鎖ダメージと持続時間を誇るスーパーチャージを兼ね備えた「ストームマスター」はしばしば非難の対象に上がります。

2点目は、同じくウォーロックのサブクラス「サンシンガー」のスキル「ファイアボーン」を利用したグリッチの修正だと思われます。最後に思いつくのはフュージョングレネード、スキップグレネード、アクシオンボルトといった追尾グレネードと、ライトニンググレネードとスパイクグレネードの設置型グレネードの有効範囲の調整でしょうか。

いくつかのエキゾチックの問題については見当がつきません。ヘッダー画像ではエキゾチック武器「侵入者」を装備していますが、「侵入者」がずば抜けて強いといったことも、不具合があるとも聞いたことはありません。エキゾチックの問題ではありませんが、ハンターのサブクラス「ナイトクローラー」が、アーティファクト「フェルウィンターの記憶」を装備すると、スキル「高度なスカウト」のターゲット捕捉機能「狩られる者」が発動しなくなるバグがあります。

ログインできない不具合は以前から度々目にしており、先日は自分のもとにも同様の相談があり、なんと本日は自分自身も同様の経験をしました。幸い自分はすぐにログインし直せたのですが、長い場合は1週間経ってもログインできないケースもあるようです。 BungieとSonyには早急に問題の解決を図っていただきたいものです。

臨時修正2.5.0.2の概要は明かされましたが、先週も語られた新コンテンツなどについてはまだ明かせないらしく、続報が待たれます。

関連記事: Destiny: 「真紅の日々」は開催されず新コンテンツに注力、ショットガンを含む武器バランス調整を計画

Source: Bungie

コメント0
CATEGORY :