CoD:MWR:多数の項目を改善するアップデートを2月8日配信予定

CoD:MWR:多数の項目を改善するアップデートを2月8日配信予定

Raven Softwareのリードデザイナーであるアモス・ホッジ氏は、『Call of Duty: Modern Warfare Remastered(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード)』における多数の項目を改善するアップデートを、日本時間の2月8日に配信予定であることを発表しました。

修正項目

具体的な修正内容はまだ明かされていませんが、以下の項目が改善されるとのことです。

  • スポーン
  • キルカメラ
  • 貫通ダメージ
  • サーバーからクライアントへの送信レート
  • クランタグ
  • その他多数の修正

関連記事CoD:MWR:「9年前から進歩なし」と指摘を受けたネットコードが改善へ

CoD:IW』は絶賛発売中で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。通常版以外のダウンロード特別版やレガシーエディションには『CoD4:MW』のリマスター版『CoD:MWリマスター』が同梱。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By しかし

    人はけっこうIWでもなくR6とかBFに行っちまったな・・

  2. By ゆうゆう

    今更キルカメとか直されても、もうだいぶ人減ったぞ

  3. By たこ

    遅い!! キルカメバグどんだけ長い間放置してんだよ

  4. By 匿名

    ps4は深夜も普通にマッチングするけど、PC版は過疎なのかな

  5. By 匿名

    いつも思うけど 人がいなくなってから改善しても もう帰って来ないのを なぜ学ばないのでしょう

  6. By えー

    キルカメラやっとか

コメントする