Destiny:アイアンバナーは3月1日開催、武器バランスのさらなる調整と3月に「新コンテンツ」を示唆

Destiny:アイアンバナーは3月1日開催、武器バランスのさらなる調整と3月に「新コンテンツ」を示唆

2017年7回目となる『Destiny(デスティニー)』公式ニュース「今週のBungie(2017年2月23日)」が更新、アイアンバナーの次回開催内容や武器バランスのさらなる調整、そして新コンテンツの発表が仄めかされています。

闘魂アイアンバナー

  • 開始時刻: 3月1日(水) 午前3時
  • 終了時刻: 3月7日(火) 午後6時
  • ルール: 闘魂
  • 報酬: スナイパーライフル、ハンドキャノン、頭、足

臨時修正2.5.0.2の改善候補

臨時修正2.5.0.2配信後、コミュニティから寄せられた改善点を検討中。以下の項目を予定しているが、作業を開始したばかりのためテスト内容によっては変更や削除される可能性もあり。

  • ピストル: 死亡後にキープ出来る弾薬数を減少
  • スコリの記憶: キルを達成してから1分間のみ効果が発動
  • ノーランドビヨンド: 被弾時のブレ幅を他のスナイパーライフルと同等に
  • トゥルース: 手持ちの弾薬数を1増やし、リロード速度をロケットランチャー最速に
  • ブリンク: 回復力を下げる効果を撤廃、HUDが無表示になる時間を僅かに短く

これらとは別に現在「体力回復」パークの調整も行っており、最終的な数値が決定したら改めて公開予定。

3月の新コンテンツ?

今週はDeeJ氏がイギリス出張に行ったままなので、先週からCozmo氏が引き続き担当。 来週からはDeeJ氏にバトンが戻り「3月のロードマップ」を公開するかもしれないとのこと。

総評

来週からはアイアンバナーの闘魂が始まります。以前よりはるかにSGが少なくなった今、闘魂の様相もガラッと様変わりをすることが予想されます。 アイアンバナー報酬のハンドキャノンは「低レート高威力帯」という扱いが難しい武器ですが、パークの組み合わせによってはマガジン4のチャンバー付きで2発キル量産を狙えます。

臨時修正2.5.0.2のさらなる修正ですが、ピストルは妥当ではないでしょうか。パッチ適用後はなぜ特殊弾をキープ出来ていたのか疑問でしたが、デスペナルティにコミュニティが慣れるために開発が意図したものだったようです。 その結果、ピストルが溢れすぎるという問題も想定済みだった模様。今後は以前のピストルの仕様に戻るようですが、特殊弾薬箱の出没頻度からすると、弱体化されても2.5.0.2以前よりは使いやすいという印象です。

スコリの記憶は「オシリスの試練でのキャンプを促進させている」と前々から非難されており、開発側も修正を示唆していましたが、今後はキルが必須になるので使い所が難しくなると予想。 PvEでは60秒以内に継続したキルは難しくないので、あまり大きな変化ではなさそうです。

「ノーランドビヨンド」のブレ軸変更ですが、実はあれはどんなにブラされていようと、レティクルの真ん中の赤点に必ず弾が飛ぶという仕様。それが撃ち合い時でも頭を抜いてくるノーランドビヨンドの強さの秘密でした。 今後のアップデートではその特徴がなくなるとのことです。

ブリンクは度重なる弱体化の結果、バンジーもやりすぎたと思い直した模様。回復が元に戻るのは重要です。

前々から「真紅の日々」を再実装しない変わりにリソースを注いでいた「新コンテンツ」ですが、予想されていた4月ではなく3月中にプレイできるのかもしれません。

Source: Bungie

コメント2
CATEGORY :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 真

    ピストルの弾が減らなかったのはバグではなかったのね。とりあえずこれでピストル使いが減るから特殊はいいバランスになるのかな。ピストルの唸り声のメダルはもういらない

  2. By yu_tyan1985

    デスペナルティは考え直す気はないんだね…. テンポ悪すぎて萎えるっぺよ…. たまにショットガンとか持つとダル過ぎてやる気がなくなるよね。

コメントする