オーバーウォッチ:シーズン4の変更点発表、ダイヤモンド帯は毎週7ゲーム以上プレイしないとスキルレート減少など

オーバーウォッチ:シーズン4の変更点発表、ダイヤモンド帯は毎週7ゲーム以上プレイしないとスキルレート減少など

Blizzard Entertainmentおよびスクウェア・エニックスは、『Overwatch(オーバーウォッチ)』のライバル・プレイ シーズン4における変更点を発表しました

シーズン4では、ダイヤモンド帯(スキルレート3000以上)の自動スキルレートが減少や、トップ500の維持が必要になるなど、これまで以上にライバル・プレイに対する本気度が問われる変更が適用されています。

スキル・レート減衰について

シーズン4では、スキル・レート3000以上のプレイヤーは毎週7ゲーム以上を完了しない限りレートが自動的に下がり始めます。これによって、より正確なレートを算出できるようになり、複数の高レートアカウント保持が難しくなるうえ、高クラスに位置することにより大きな意味をもたらします。

マッチを1回完了するたびに、減衰の開始時間が24時間延長されます。そのため、1週間の間に7回マッチを完了する限り、減衰はしません。1日1回プレイすることも、1度に7回プレイすることも可能です。

Overwatch ライバルプレイ Season 4

500未満のスキル・レート表示について

昨シーズンでは各プレイヤーをより適切なクラスに配置できるよう、スキル・レートと認定マッチのメカニックを調整しました。総合的に見て、調整は成功したと考えています。

しかし、意図的に負けるようなプレイをし、可能な限り低いレートを目指すプレイヤーが一部存在したため、スキル・レート500未満のレートを表示しないように変更しました。ライバル・プレイは参加している全員が努力することで成り立っており、このようなプレイは決して推奨されるべきものではありません。

トップ500ランキング報酬について

これまではトップ500に一度入れば、限定スプレーとプレイヤー・アイコンをシーズン終了時に受け取ることができました。

報酬が確定してしまうと、シーズン最後までトップ500であり続けるモチベーションを失うプレイヤーが多かったため、シーズン4ではシーズン終了時にトップ500にランクインしているプレイヤーのみ報酬を受け取ることができます。シーズン終盤になればなるほど、より激しい戦いになることが予想されます。

なおシーズン3より、前シーズンの成績を考慮したスキルレートの算出がされています。

先日配信された最新アップデートは以下をごらんください。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

overwatch-shop_b

Source: SQUARE ENIX EXTREME EDGES