休憩:マルチだけではない、三つ巴の戦いが繰り広げられる『フォーオナー』の「ストーリーモード」解説&序盤プレイ

休憩:マルチだけではない、三つ巴の戦いが繰り広げられる『フォーオナー』の「ストーリーモード」解説&序盤プレイ

※注意:プレイ映像に序盤のネタバレあり

2月16日に発売したユービーアイソフトの『For Honor(フォーオナー)』ですが、今回は製品版でようやく実装を果たしたストーリーモードの設定背景やストーリーモードならではの要素など、概要をまとめました。

その革新的な対戦システムによりどうしても注目されがちなのは「マルチプレイヤー対戦」ですが、諸悪の根源である謎の存在アポリヨンと、侍・ナイト・ヴァイキングによる三つ巴の戦いが繰り広げられる「ストーリーモード」も十二分に魅力的なのでぜひご覧ください。

ストーリー概要

シングルプレイヤーまたは2プレイヤーの協力プレイに対応した「フォーオナー」のストーリーモードでは、近世を舞台にスケールアップしたナイト、ヴァイキング、侍が登場。各勢力の熾烈な戦いへと身を投じる没入感に溢れたストーリーが展開されます。

世界を崩壊させた災厄から数百年後、ナイト、ヴァイキング、侍は環境に順応して再び繁栄しました。今やそれぞれが他の勢力に挑む力を持ち、その脆弱な均衡は着々と全面的な戦争に移行していきます。

各勢力の最も偉大な戦士たちを操るプレイヤーは、戦争へ突入する瞬間を目の当たりにするでしょう。陰謀、裏切り、形勢の逆転など、変化に対処しながら勝利を掴むには、機知と技量が求められます。

そしてプレイヤーは城や要塞に突入して戦いの流れを変え、激しい戦闘を切り抜けて危険なボスを打ち負かすことで、荒々しい歴史の1ページを刻む百戦錬磨のヒーローへと成長していくのです。

『フォーオナー』 CGIトレーラー


発売の半年以上前に完成していたこの美しいトレーラーですが、フォーオナーのストーリーモードをクリアした後にもう一度見てみると理解が深まるでしょう。

ナイト

「戦え、勇敢なナイトよ! 人は死んでも、栄光は死なない! 戦い続けろ。死は敗北に勝る!」―ウォルター・スコット卿

この地を鎮めるため、アイアン・リージョンに遣わされた一族。以来自由の味を覚え、アッシュフェルドを拠点としています。また、彼らの領地に点在する古代の遺跡の多くは、アイアン・リージョンの前身である大帝国によって建造されたものだと信じられています。

しかし、無秩序な状態が何世紀も続いた結果、アッシュフェルドのナイトは狭量なウォーロードと放浪を続ける傭兵の寄せ集めになってしまいました。それも、10年ほど前からアポリオン率いるアッシュフェルドのブラックストーン・リージョンの旗の下に結集しつつあるのです。しばしば剣で強制されながら…。

これまでのところ、ナイトはヴァイキングや侍の攻撃からアッシュフェルドをどうにか守っている状況。アポリヨンは戦争の脅威から土地を守りたいなら自分のリージョンに加わるしかないと語っています。


ストーリーモードにおけるウォーデンはアイアン・リージョン南部出身の勇ましく有能な若きナイトです。気高く勇敢で、騎士道精神を体現する存在でなければならないナイトの中でも、特にこのウォーデンは荒んだ時代においては珍しく、真の英雄になるための素質を持っています。

アイアン・リージョンの地で不毛な戦いを何年も続けた後、ウォーデンは戦う目的と大義を求めて北へと向かい、その旅はブラックストーン・リージョンのアポリヨンと対面するアッシュフェルドで終わりを迎えます。ブラックストーン・リージョンとは一体…。

『フォーオナー』ヒーロービデオ ナイト「ウォーデン」

ヴァイキング

「俺は生きて、命を燃やし、愛し、殺す。それで満足だ」―ロバート・E・ハワード

ヴァイキングは何世紀も前に姿を消し、崩壊しかけた祖国から逃れて未知の海岸に向かいました。残った者はナイトに征服され、彼らの文化に同化していきます。

数世紀前、ヴァイキングは多くの仲間を引き連れて祖国に戻ってきました。そして遠い海の向こうから来た彼らは、そこに新たな国を築いたのです。戻った理由はいくつもありますが、最たるものは北にある古き故郷ヴァルケンハイムを取り戻すことでした。今や無数のヴァイキング部族が、凍てつくツンドラ地帯で比較的穏やかに共存していますが、それは外部の目からすると絶え間ない内戦が行われているようにも見えます。

ヴァイキングが海や河川に関する第一人者であることは間違いありません。この荒々しい国の戦士たちが竜首船の大艦隊で集結すれば、誰にも止めることのできない恐るべき存在となるでしょう。


ストーリーモードにおけるレイダーは怖いもの知らずの理想主義を掲げるヴァイキングで、互いに殺し合う自分たちの仲間にうんざりしています。他のレイダーと同じように血に飢えていますが、この傑出した戦士はヴァイキングに平和をもたらしたいという途方もなく大きな望みに駆られています。

そんなレイダーは武力、奸智、説得など、あらゆる手段を用いて、全部族を共通の目的のために戦わせようと試みます。

『フォーオナー』ヒーロービデオ ヴァイキング「レイダー」

「あらゆる戦士の中で最も強いのは、時間と忍耐である」―レフ・トルストイ

侍は苦難の歴史に耐えてきました。元々遠い海の向こうからやって来た彼らは、帝や海と炎によって失われた祖国の物語を語ります。千年近い時を経た後、流浪の国は放浪を止めヴァイキングが開拓した国やナイトの紛争が続く土地の近くに、新たな国を築いたのです。

過去数十年、彼らは御沼と呼ばれる湿地帯の丘に順応してきました。繁栄してはいるものの、隣人たちと比較すれば数は大幅に劣ったままです。そんな中で生き残るにはより優れた武道の技と狡猾さ、そして自らの文化への献身に頼るしかありません。そうしなければ、彼らは消滅してしまうでしょう。


ストーリーモードにおける大蛇は、帝に仕えて急速に力をつけた暗殺者でしたが、不注意な発言により囚われの身となります。しかしその一方で、大蛇の深い忠誠心を知り、名誉挽回を願う仲間もいます。

大蛇を牢獄から逃がすことさえできれば争いと混沌の世界が大きく変動するかもしれません。

『フォーオナー』ヒーロービデオ 侍「大蛇」

実際にプレイ

そんなストーリーモードを実際にプレイしてみました。

今回プレイしたのは、ストーリーモードを始めると一番最初にプレイすることになる第1章第1話の「ウォーロードと臆病者」で、難易度は「イージー」「ノーマル」「ハード」「リアル」とあるなかの「ハード」を選択。レベルやストーリー戦技といった育成要素を含むストーリーモードの詳細は次回の記事で解説します。

登場人物

アポリヨン

CGIトレーラーより

ブラックストーン・リージョンのウォーロードにして三つ巴の戦争を引き起こした張本人。CGIトレーラーの語りは全て彼女のもので、トレーラーの最後には正体を明かすとともに意味深なセリフを言い残します。ストーリーモードではそんなアポリヨンと3つの勢力との関係が描かれていて、ストーリーを進めていくことで彼女への印象は大きく変わるかもしれません。

ホールデン・クロス


ウォーロードであるアポリヨンの命により、裏切り者のハーヴィス・ドーベニーを討伐にきた、ブラックストーン・リージョン指揮官の一人です。

ハーヴィス・ドーベニー


ブラックストーン・リージョンに所属し、ウェストホールド城の城主となりましたが、すぐ組織から離れようとした裏切り者です。現在はホールデン・クロスによって城を攻められています。

ウォーデン


アイアン・リージョン南部出身の勇ましく有能な若きナイトで、プレイヤー自身です。気高く勇敢で、騎士道精神を体現する存在でなければならないナイトの中でも、特にこのウォーデンは荒んだ時代においては珍しく、真の英雄になるための素質を持っています。現在はハーヴィス・ドーベニーの指揮下についています。

ストーリーモードのUI


基本的なUIはこちらです。左上の目標と右下のミニマップを確認しながら進むことで円滑にストーリーを進めることができます。目標までの距離が遠ければ距離も表示してくれるため、まず迷うことはないでしょう。

左下の3つのアイコンは、「ストーリー戦技」。事前にセットする2つの戦技と、マップの中で拾うものの2種類が存在します。各戦技には特有の効果があり、プレイヤーの攻略の手助けとなるでしょう。

画面中央左にある目玉マークは「注目ポイント」。視点を合わせてボタンを押すことでその場の補足ストーリーや歴史的背景を知ることができます。一度確認した注目ポイントはクリア後にも改めて聞くことができます。やりこみ要素としてカウントされるため、広大なマップの中に点在するポイントを見つけるためにマップの隅々まで探索しましょう。

白く光っている壺は「破壊ポイント」。注目ポイントと並ぶやりこみ要素の一つです。壺を壊してドロップする光を取得することで破壊ポイントの確認となります。こちらは補足ストーリーなどの語りが入ることはありませんが、追加経験値や報酬がもらえるため、見つけたら積極的に確認していきましょう。

デュエル


ストーリーモードでは敵とのデュエルになることがあります。他のヒーローや雑兵は一切手を出してこなくなる、正真正銘1対1の戦いです。敵のヒーローは圧倒的な体力と強さを誇りますが、残された道は勝利のみ。知恵と経験、戦技もうまく使用してエクセキューションを決めてやりましょう。

第1話ラスト


ドーベニー陣営であるはずのウォーデンがホールデン・クロスと共にいるように見えますがこれは一体…?真相は動画を確認してください。

フォーオナー | ストーリーモード1-1「ウォーロードと臆病者」解説付きプレイ | EAA

いかがだったでしょうか。その独自性から人を選ぶ可能性もありますが、ハマる人はどっぷりハマる(私のように)タイトルなので、未体験の人はぜひ一度試してみては。

国内イベント

発売から1ヶ月が経過した3月17日には基礎知識講座のかずのこ氏をはじめとする国内屈指のプロ格闘ゲーマー8名が一堂に会し、フォーオナーNo.1を決めるデュエル(1vs1)最強決定戦が行われます。大会の模様はニコニコ生放送、YouTube LIVE、Twitchで生放送されるとのこと。

世界大会で活躍するプロ格闘ゲーマーが集結するドリームマッチを見て、今後のプレイの参考にしてみては。

UBI CUP「フォーオナー プロ格闘ゲーマーNo.1決定戦」