フォーオナー:やりこみ要素もたっぷりの「ストーリーモード」詳細解説、最高難易度「リアル」でプレイ

フォーオナー:やりこみ要素もたっぷりの「ストーリーモード」詳細解説、最高難易度「リアル」でプレイ

2月16日に発売したユービーアイソフトの『For Honor(フォーオナー)』。今回は本作に搭載されているストーリーモードにフォーカスし、「注目ポイント」や「破壊ポイント」を網羅、レベルアップといったやりこみ要素、最高難易度でのプレイなどなど、ストーリーモードの詳細をまとめています。開発者同士が楽しそうかつ濃密に語り合う対談も必見です。

ストーリーモード詳細


『フォーオナー』のストーリーモードは戦争を引き起こしたアポリヨンと、戦争に必然的に巻き込まれた3つの勢力がそれぞれの視点から描かれています。第1章「ナイト」、第2章「ヴァイキング」、そして第3章「侍」の全3章・各6話で構成されており、各勢力から見た戦争とアポリヨンの描写、更には同勢力の内戦まで様々な戦いに巻き込まれることになります。

すべての勢力の内情や敵対心、戦争に対する想いを直接感じ取れ、プレイヤーはさまざまな感情を抱くはずです。

ストーリーモード中は明確な目標が示されるので迷うことはなく、シームレスにムービーが挿入されるなどストーリー自体に没入しやすい作りになっています。

レベルアップ


ストーリーモードには特有のレベルが設けられており、各ストーリーをクリアした後のリザルト画面で注目ポイントや破壊ポイントの確認数、ゲーム難易度などが加味されたうえで経験値が与えられ蓄積、レベルアップしていきます。

ストーリーでの最大レベルは30で、このレベルは後に紹介する「ストーリー戦技」のアンロックに関わってきます。

経験値ボーナス

ゲームの難易度には「経験値ボーナス」が設けられており、その倍率は以下の通り。もちろん難しいほど高い倍率となっています。

  • イージー:ボーナス無し
  • ノーマル:1.25倍
  • ハード:1.5倍
  • リアル:1.75倍

全13種の「ストーリー戦技」


「ストーリー戦技」はその名の通りストーリーモードだけで使うことができる戦技です。プレイヤーのレベルに応じてストーリー戦技がアンロックされ、戦技自体もレベルアップします。


このように、各ストーリーをプレイする前に表示される準備画面で任意のストーリー戦技を2つセットすることができます。ストーリー中に体力を回復できる手段は限られているため、注意書きにある通り回復系の戦技は最低1つはセットしておいたほうが良いでしょう。全てのストーリー戦技と効果は以下の通りです。

ストーリー戦技レベル1

多数の戦技が用意されている

  • 体力挽回レベル1:体力が中程度回復する(レベル2でアンロック)
  • 正確な一撃レベル1:パッシブ-全ての攻撃ダメージが5%上昇する(レベル2でアンロック)
  • 高速リカバリーレベル1:休んでいると中程度の頻度でスタミナが回復する(レベル3でアンロック)
  • 血の欲望レベル1:パッシブ-ヒーローを倒すと15秒間、攻撃/防御ブーストを得る(レベル3でアンロック)
  • 鋭利な刃先レベル1:攻撃呉、30秒間ダメージを与え続ける(レベル4でアンロック)
  • 軽傷レベル1:パッシブ-被ダメージを15%軽減する(レベル4でアンロック)
  • 致命傷レベル1:攻撃のダメージが15秒間増加する(レベル5でアンロック)
  • 処刑人レベル1:パッシブ-エクセキューション後、体力を少量回復して15秒間、わずかなダメージブーストが得られる(レベル5でアンロック)
  • ブロック不能レベル1:30秒間、攻撃がブロックされなくなる(レベル6でアンロック)
  • 自動回復レベル1:パッシブ-非戦闘時に体力を回復する(レベル7でアンロック)
  • 盾レベル1:30秒間、被ダメージが30%低下する(レベル8でアンロック)
  • 筋金入りレベル1:パッシブ-最大体力が25%増加する(レベル9でアンロック)
  • パリー支援レベル1:パッシブ-パリーするたびに15秒間、中程度のダメージブーストを得る(レベル10でアンロック)

ストーリー戦技レベル2

  • 体力挽回レベル2:体力を大きく回復する(レベル11でアンロック)
  • 正確な一撃レベル2:パッシブ-全ての攻撃ダメージが10%上昇する(レベル12でアンロック)
  • 高速リカバリーレベル2:休んでいる間に、スタミナをより早く回復する(レベル13でアンロック)
  • 血の欲望レベル2:パッシブ-ヒーローを倒すと25秒間、攻撃/防御ブーストを得る(レベル14でアンロック)
  • 鋭利な刃先レベル2:攻撃後、45秒間ダメージを与え続ける(レベル15でアンロック)
  • 軽傷レベル2:パッシブ-被ダメージを30%軽減する(レベル16でアンロック)
    – 致命傷レベル2:15秒間、中程度の追加ダメージを与える(レベル17でアンロック)
  • 処刑人レベル2:パッシブ-エクセキューション後、体力を回復して15秒間、少量のダメージブーストが得られる(レベル18でアンロック)
  • ブロック不能レベル2:45秒間、攻撃がブロックされなくなる(レベル19でアンロック)
  • 自動回復レベル2:パッシブ-非戦闘時、急速に体力を回復する(レベル20でアンロック)
  • 盾レベル2:30秒間、被ダメージが40%低下する(レベル21でアンロック)
    筋金入りレベル2:パッシブ-最大体力を50%増やす(レベル22でアンロック)
  • パリー支援レベル2:パッシブ-15秒間、全てのパリーに大ダメージブーストが得られる(レベル23でアンロック)

ストーリー戦技レベル3

  • 体力挽回レベル3:体力を中程度、より頻繁に回復する(レベル24でアンロック)
  • 正確な一撃レベル3:パッシブ-全ての攻撃ダメージが15%上昇する(レベル25でアンロック)
  • 血の欲望レベル3:パッシブ-ヒーローを倒すと25秒間、より高い攻撃/防御ブーストが得られる(レベル26でアンロック)
  • 鋭利な刃先レベル3:攻撃後、60秒間ダメージを与え続ける(レベル27でアンロック)
  • 致命傷レベル3:15秒間、大きな追加ダメージを与える(レベ28でアンロック)
  • 処刑人レベル3:パッシブ-エクセキューション後、体力を完全に回復して20秒間、中程度のダメージブーストが得られる(レベル29でアンロック)
  • 盾レベル3:30秒間、被ダメージが50%低下する(レベル30でアンロック)

高い難易度でのプレイやストーリー終盤には敵も強力になってくるため、戦技の選択や使い方はとても重要になってきます。

オススメ戦技

ストーリーをクリアした私がオススメする戦技は即時体力回復が可能な「体力挽回」と、自分のすべての攻撃にブロック不能効果を付与する「ブロック不能」です。特に後者のブロック不能は、敵のブロックを全く意味のないものにする非常に強力で攻撃的な戦技となっています。発動後は残り時間とスタミナに気を配り、大ダメージを与えてやりましょう。

「破壊ポイント」と「注目ポイント」


前回の記事でも紹介しましたが、ストーリーモードのマップには至る所に「破壊ポイント」と「注目ポイント」が設定されています。ストーリーごとに設定されている数は違い、それぞれ多く確認することで、経験値ボーナスやヒーローのカスタマイズに使用できるスカベンジギアのプレミアムパックを獲得することができます。注目ポイントは確認することで通常のストーリーを進めるだけでは知り得なかった情報を得ることもできるため、ぜひ見つけておきましょう。

全注目ポイントと全破壊ポイントのプレイ映像

以下の映像は全章の破壊ポイントと注目ポイントの場所を網羅しています。どうしても見つけられないポイントがある方や早くコンプリートしたい方はご覧ください。ネタバレ注意。

[フォーオナー] 全注目ポイント+全破壊ポイントの場所を紹介 [ナイト章]

[フォーオナー] 全注目ポイント+全破壊ポイントの場所を紹介 [ヴァイキング章]

[フォーオナー] 全注目ポイント+全破壊ポイントの場所を紹介 [侍章]

それぞれのポイントは難易度はイージーでも可能。一度確認したポイントの記録はストーリーを途中でやめてしまっても残ります。

ストーリーモードを最高難易度「リアル」でプレイ

今回もストーリーモードを実際にプレイしました。

今回プレイしたのは、第1章第2話の「不在」で、難易度は「イージー」「ノーマル」「ハード」「リアル」とあるなかの最高難易度「リアル」を選択。「リアル」では戦闘UIを省き、本当にその場にいるかのような臨場感を与えてくれる難易度になっています。

攻撃/防御方向を示す戦闘UIが無い

難易度が上がったぶん、バーサーカーは回避多用、レイダーは強攻撃多用、といった敵ヒーローの特徴も顕著に現れたような気がしました。戦闘中からしっかりと分析して対処する必要がありそうです。

広範囲を攻撃する強力な戦技「投石機」

通常攻撃だけではなく、ムーブセットを参考にしたコンボや特技、防御崩し、回避、戦技など使えるものは全て使って勝利を勝ち取りましょう。

フォーオナー | ストーリーモードを最高難易度「リアル」で解説付きプレイ | EAA

『鉄拳シリーズ』と『フォーオナー』の開発者が対談

『フォーオナー』の発売に先立って公開されたこの映像には、最前線でゲーム界を牽引する両開発者がそれぞれの経験をもとにお互いの考えを熱く語っている様子が収録されています。

原田氏の『フォーオナー』をプレイした感想や、核心を突くコメントを聞き嬉しそうに答え、開発秘話を語るジェイソン氏の満面の笑みからは、我々からは想像もできないような『フォーオナー』への熱い想いや苦労の一部を感じることができます。

映像は約30分に及びますが、お互いの想いもあってか非常に興味深く素晴らしい出来になっており、特に格闘ゲームやゲーム開発に興味のある方には是非見てもらいたい傑作映像です。

『フォーオナー』原田勝弘さん×ジェイソン対談 動画