オーバーウォッチ:アップデート1.9配信、タンクヒーロー「オリーサ」追加や8名のヒーロー性能調整など

オーバーウォッチ:アップデート1.9配信、タンクヒーロー「オリーサ」追加や8名のヒーロー性能調整など

ブリザード・エンターテイメントは、『Overwatch(オーバーウォッチ)』へアップデートパッチ1.9(PS4版は2.07)を配信、パッチノートを公開しました。

今回追加された新ヒーロー「オリーサ」には「プレイヤーが慣れるための期間」が設けられており、ライバル・プレイでの使用は一週間後に解禁となっています。今回はゼニヤッタ・ウィンストン・ジャンクラットの強化や、アナとバスティオンの弱体化など、なかなか重要なアビリティ変更も適用されているのでぜひ確認しておきましょう。

パッチハイライト:

新ヒーロー: オリーサ(タンク)

解体されたOR15防衛ボットのスクラップから生み出されたオリーサ。産まれたばかりで経験が浅いことから能力を充分に発揮できないでいるが、街と創造主であるエフィを守るという断固たる意志で経験不足をカバーしている。

オリーサは『オーバーウォッチ』の6人目のタンクとなり、彼女のゲームプレイは守ることに特化している。彼女のメイン武器は速射式の「フュージョン・ドライバー」。射程と精度に優れ、遠距離においても優秀であるが、代償として射撃中の移動速度が低下することと、リロードタイムが長いことが挙げられる。

もう1つの武器は「ストップ!」で、直線的に移動していく重力子のチャージを放ち周辺の敵を鈍化させる。さらに起爆を行うことができ、爆発すると周辺の敵を爆発の中心に引っ張ることができる。

その他にも、「フォーティーファイ」により自信の受けるダメージを減少させたり、「プロテクティブ・バリア」という湾曲したバリアを生成するデバイスを設置し、味方を前方、側面、頭上からの攻撃から守ることができる。

彼女のアルティメットアビリティーは「スーパーチャージャー」で、周囲の味方の攻撃力を高めるビームを味方に照射するデバイスを設置することができる。

より詳しいオリーサのアビリティ説明とプレイ動画はこちらの記事をご覧ください。

『オーバーウォッチ』 オリーサ アビリティ

  • フュージョン・ドライバー: メイン武器のオートマチック・ウェポン。射撃中は移動速度が低下。
  • スーパーチャージャー(アルティメット): 仲間の攻撃力を増加させるデバイスを投げる。
  • プロテクティブ・バリア: バリアを展開するデバイスを投げる。
  • フォーティーファイ: 敵から受けるダメージを減らし、止められなくなる。
  • ストップ!: サブ武器ボタンで重力スフィアを投げ、サブ武器ボタンで起動する。スフィアは付近にいる敵を吸い寄せ、移動速を低下させる。

アップデート全般

ライバル・プレイ

  • Route 66では、攻撃チームがペイロードを最初のチェックポイントへ送り届けると60秒が加算されるようになった

開発者コメント:この変更によりRoute 66が他のエスコートマップと同等になる。

カスタムゲームとゲームブラウザー

  • カスタムゲームの設定で、セカンダリーの発射ボタンで使用するアビリティの無効化と変更が可能になった

ヒーローのアップデート

アナ

  • バイオテック・ライフル
    • ダメージを80から60へ減少

開発者コメント:アナのアビリティは強力なものがいくつも存在し、彼女の代わりを見つけるのが難しくなっていた。ダメージを下げることで1対1のシチュエーションや攻撃時に以前よりは脅威とならないように変更した。

バスティオン

  • アイアンクラッド
    • [XB1, PS4] セントリーモードかタンクモード時の被ダメージを20%軽減(以前は35%)

開発者コメント: 前回のアップデート後、バスティオンに対処するのが少し難しくなっていた。パッシブの効果を下げることで他のヒーローが対処できるように変更した。

ジャンクラット

  • トータル・メイヘム
    • 自らの爆発物によるダメージを受けないように変更

開発者コメント: これまでジャンクラットは、弾速が遅いため遠距離で戦うことが難しく、自身の爆発物によってダメージを喰らうので近距離で戦うことも難しかった。今回の変更により近距離での戦闘をより効果的に行えるようになり、新たな戦略が広がるようにした。

マーシー

  • カデュケウス・スタッフ
    • 他プレイヤーへのダメージブーストが、マッチ統計と戦績にトラッキングされるようになった

ソンブラ

  • ハック
    • ハックしたヘルス・パックをチームメイトが壁越しに視認できるようになった
  • ステルス
    • 使用開始と終了時のサウンドとボイスの可聴範囲を15メートルに縮小
  • トランスロケーター
    • クールダウン時間が6秒から4秒に短縮

開発者コメント:ソンブラは上手いプレイヤーが使うと強力だったが、敵陣に潜入しての妨害は多くの場合で困難だった。今回の変更で彼女の有効性とチームプレイが向上しているはずだ。

ウィンストン

  • バリア・プロジェクター
    • アビリティのクールダウン開始が、バリアの効果終了時ではなく設置時になった

開発者コメント:今回の変更によりウィンストンが本来得意としている、「敵の注意を反らし、ダメージをブロックする」ことがより効果的に行えるようになっているはずだ。

ザリア

  • パーティクル・バリア
    • ノックバックからザリア自身を守らないようになった
  • バリア・ショット
    • ノックバックからチームメイトを守らないようになった

開発者コメント:この変更は、実際のところいくつか前のパッチで行った、バリアに守られている場合はノックバックを無効にする変更を巻き戻した形になる。変更によりネガティブな副作用が発生しており、ラインハルトのチャージやウィンストンのプライマル・レイジでの攻撃など、バリアを貫通するノックバックも無効化してしまっていた。これらの攻撃は再度ノックバックが発生するようになっている。ただし、バリア外で起こるファラのコンカッシブ・ブラストなどはノックバックが発生しないままになっている。

ゼニヤッタ

  • 破壊のオーブ
    • サブ射撃のクールダウン時間が1秒から0.6秒へ短縮
    • 武器の拡散が削除された

開発者コメント: ゼニヤッタのサブ攻撃はリカバリー時間が長いため扱いが難しいと感じられていた。この削減によりサブ攻撃がより有効な選択肢となる。また、彼の武器には常に小さな拡散が生じていたが、彼のプレイスタイルを変えるほどのものではなかった。しかし、ときおり当たるはずだった射撃がミスする原因ともなっていた。この小さな不一致を削除することでより安定したヒーローに感じられるはずだ。

バグ修正

全般

  • テレポーターやシールドジェネレーターなど、プレイヤーが所有するオブジェクトが破壊されたとき、キルフィードに所有者の名前が表示されるようになった

A.I.

  • 「カスタムゲーム」でタレットアビリティが無効化された時、バスティオンとトールビョーンが守備的な位置を取らないバグを修正

ライバル・プレイ

  • ラウンド間のセットアップフェーズで、現在のメダルが表示されないビジュアルのバグ修正

カスタムゲームとゲームブラウザー

  • オアシスでラインハルトのチャージによって車に向かって運ばれた時に敵のスポーンルームでリスポーンしてしまうバグを修正(詳細記事
  • キャプチャーザフラッグの設定でスコアする前に旗を確保することが必要であることを明確にするため追記
  • 特定の設定が使用されていなくとも、カスタムゲームの情報スクリーンにその設定が表示されていたバグを修正
  • 設定で「アルティメット・チャージ」の値が正しく表示されていなかった問題を修正
  • ゲームブラウザの「ゲームを検索」フィルター内でヒーローとマップがアルファベット順に並ぶようになった
  • カスタムゲーム設定でバスティオンの自己修復アビリティが無効にできないバグを修正

ヒーロー

  • 自己修復を使用中のバスティオンの歩行アニメーションが再生されない問題を修正
  • マクリーがメイのアイスウォールへフラッシュバンを使用しても、オン・ファイアメーターが貯まらないようになった
  • ロードホッグのフック直撃によるキルが、「フックした回数」の統計にカウントされないバグを修正
  • ゼニヤッタのスキン「サンヤッタ」で足がローブから貫通していた問題を修正
  • メインメニューでリーパーのショットガンとD.Vaのメックが異常に大きく表示されたバグを修正

マップ

  • 「練習場」で破壊したトレーニングボットがキルフィードに表示されるようになった
  • 2名以上が「練習場」に入ることのできるバグを修正
オーバーウォッチ: オリーサ ゲームプレイ紹介トレーラー

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

overwatch-shop_b

Source: Overwatch Forums

  • 幹プルーン

    プ ロ ア ク テ ィ ブ バ リ ア
    ほらもっと英語勉強してほら

  • c.c. lemon

    これcsはアナのメイン射撃弱体化いらなくね?バスティオンの弱体化はcsのみになった理由もわからん