休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート

先月リリースされたばかりの『For Honor(フォーオナー)』ですが、国内屈指のプロ格闘ゲーマー8名が一堂に会し、「フォーオナーNo.1」を決するデュエル(1 vs 1)の最強決定戦が3月17日に行われました。今回は大会の様子の一部をお伝えします。

開演

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
3勢力の争いをモチーフにしたパフォーマンスと、ユービーアイソフト株式会社代表取締役社長スティーヴ・ミラー氏の挨拶によって始まった本大会。国内屈指のプロゲーマーたちも出揃いました。

出場選手

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート

  • 「M’」:格ゲー世界大会2017王者
  • 「sako」:格ゲー世界大会2013王者
  • 「かずのこ」:格ゲー世界大会2015王者
  • 「たぬかな」:日本人2人目となる女性プロ格闘ゲーマー
  • 「コイチ」:ゲーミング集団“ゴジライン”所属
  • 「ソウジ」:東京ヴェルディ所属
  • 「金デヴ」:複数のタイトルで結果を残すトッププレイヤー
  • 「ユウ」:“山佐”よりスポンサードを受けるプロ格闘ゲーマー

大会概要

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
ゲームモードは「デュエル」で、8人の勝ち抜きトーナメント戦。1回戦は1試合先取で勝利、準決勝と3位決定戦、そして決勝戦は2試合先取で勝利となります。

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
優勝者にはチャンピオンベルト、金一封、そしてエナジードリンク1年分が贈呈されます。

また、本大会で採用されているゲームモード「デュエル」の基礎知識は以下の動画でサクッと確認できます。

『フォーオナー』戦場で勝つための基礎知識講座Part1デュエル

大会内容

準決勝第1試合

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
かずのこ選手(左)とたぬかな選手(右)

準決勝第1試合はかずのこ選手対たぬかな選手。ヒーローはかずのこ選手がピースキーパー、たぬかな選手が大蛇と、同じアサシンタイプの対決となりました。

準決勝からは2試合先取で勝利のため、よりプレイヤーの実力が結果に反映されるかたちになります。試合中に相手のクセを見抜くことも重要です。

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
ピースキーパーの強力な突き攻撃に苦戦するたぬかな選手

しかし、かずのこ選手の力は圧倒的でした。かずのこ選手の素早い攻撃にたぬかな選手は必死に食らいつきます。たぬかな選手も1ラウンド奪ったものの、他のラウンドを全てかずのこ選手が取って勝利、決勝進出となりました。

準決勝第2試合

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
ソウジ選手(左)とユウ選手(右)

準決勝第2試合はソウジ選手対ユウ選手。ソウジ選手が選択するバランスの取れたヒーローであるウォーデンとユウ選手の意外な選択、ヴァルキリーという面白い対決です。

固いガードを見せるユウ選手のヴァルキリー

あまり見かけることのないヴァルキリー選択が功を奏したか、対策をされることなく試合全体を通してユウ選手のヴァルキリーが落ち着いて押していく展開。スタミナ管理や防御、フェイントまで冷静にこなしてユウ選手が勝利しました。

3位決定戦

たぬかな選手(左)とソウジ選手(右)

3位決定戦はたぬかな選手対ソウジ選手。たぬかな選手の大蛇とソウジ選手のウォーデンという対決になりました。

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
後ろから斬りかかるソウジ選手のウォーデン

ソウジ選手はたぬかな選手の大蛇の攻撃を冷静に対処、スタミナ切れを起こしたらとっさに反撃するというお手本のような展開。スタミナ切れを起こして背中を見せたたぬかな選手の大蛇に、問答無用でとどめを刺すソウジ選手のウォーデンという、名誉のために(フォーオナー)とは何かを考えさせられる面白い場面も。

たぬかな選手も対応して反撃しますが、終始安定した動きを見せたソウジ選手が勝利、3位に輝きました。

決勝戦

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
かずのこ選手(左)とユウ選手(右)

待ちに待った決勝戦はかずのこ選手対ユウ選手。他を圧倒する実力を見せてきたかずのこ選手のピースキーパーと、意外な選択ながら安定した立ち回りで勝利を重ねたユウ選手のヴァルキリーという対決になりました。

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
スピアスイープを避けるかずのこ選手のピースキーパー

連続攻撃で積極的に攻めるかずのこ選手のピースキーパーの動きにユウ選手のヴァルキリーがどれだけついけいけるかという対決ですが、やはりここまで圧倒的な実力を見せてきたかずのこ選手の強さは本物。これまで安定していた、ユウ選手のスピアスイープを基本にしたヴァルキリーの動きもかずのこ選手が全て見切ります。

『フォーオナー』NO.1決定戦
繊細な動きから大胆な連続攻撃、ガード崩しからの突きによる出血ダメージなど様々な攻撃を駆使したしたかずのこ選手が試合の主導権を握り、あっという間に2試合を先取して勝利。

優勝はかずのこ選手に決定しました。

アポリオンズリーグ開催決定

休憩: プロ格闘ゲーマー8名による『フォーオナー』No.1決定戦をリポート
大会終了後には6選手が1ヶ月に渡って総当たりリーグを行う「アポリオンズリーグ」の開催が発表されました。選手6名のうち4名はプロゲーマー、2名は一般募集を行って決めるとのこと。

詳細は3月27日の配信で発表されます。

インタビューでかずのこ選手は、1日3時間以上を『フォーオナー』の練習に当てていることを明かし、また、1対1で強いヒーローを聞かれるとピースキーパーはもちろん、現在はコンカラーに注目しているとのこと。コンカラーは強攻撃に対する通常防御が全てパリィ扱いになるため、敵にすると強攻撃始動のコンボが非常に決まりにくいヒーローです。このようなプロの一言が、オンライン対戦のトレンドを作ることはよくあるため、今後に注目です。

配信アーカイブ

UBI CUP「フォーオナー プロ格闘ゲーマーNo.1決定戦」

『フォーオナー』NO.1決定戦

発売から間もない時期に開催された本大会。これから更に研究が進むに連れて更にレベルの高い大会が開催されていくことが予想されます。見ているだけでも面白い『フォーオナー』ですが、実際にヒーローを操作して敵と対峙したときのスリルはプレイヤー本人しか味わえません。みなさんも一度プレイされてみてはいかがでしょうか。

Source: e-sports SQUARE, PressRelease

  • ピンポン₂⁴¹₆

    さすがかずのこ!やってくれると思ってた!