BF1:今後の予定を発表、毎月アップデートや小隊導入、拡張パック「In the Name of the Tsar」など

BF1:今後の予定を発表、毎月アップデートや小隊導入、拡張パック「In the Name of the Tsar」など

Electronic ArtsおよびDICEは公式サイトにて、『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の今後の予定について公開しました

これまで季節ごとに行われていたアップデートが月ごとになるほか、間もなく行われる春季アップデートにてフレンドと隊を作れる「小隊機能」が導入。マッチやゲームプレイ時に感じる“萎え要素”への対応も明言されています。そして第2弾拡張パック“In the Name of the Tsar”の情報も明らかとなっています。以下公式サイトより:

「バトルフィールド 1」を毎月アップデート

私たちの使命は、皆さんに最高に楽しくプレイしていただける「バトルフィールド 1」をお届けすることです。これまでは季節ごとのパッチとして、その実現に努めてきました。今回、「バトルフィールド 1」に予定している、さまざまな改善や追加を検討した結果、アップデートを毎月行う形に変更することを決定しました。月ベースとなることにより、皆さんが求める変更をより多く、より早く叶えることができるようになります。

また開発では、皆さんからのフィードバックを、実戦テストを経た、誰もに満足いただける改善に仕上げることを重視しています。そのために、コミュニティーテスト環境(CTE)で皆さんのアイデアを繰り返しテストし、ベストな調整を施すように務めています。

小隊の導入

そしてアップデートと言えば、まもなく春のアップデートが配信されます。今アップデートでは、待望の「小隊」機能がゲームに追加されます。これにより、フレンドと隊を作り、管理し、勝利を勝ち取り、仲間で一丸となって戦うことができるようになります。小隊システムと春のアップデート配信の詳細については、今後の最新情報をチェックしてください。

ゲームへの改善、オペレーションの調整

私たちは常に皆さんからの声を確認し、その上でアップデートの開発を進めています。とはいえ、可能な限りスムーズなゲームプレイの実現には、依然として為すべき作業が残されています。5月のアップデートでは、「バトルフィールド 1」でより“快適なプレイ”を実現することにフォーカスしていきます。

これには、特にオペレーションをはじめとしたマッチのフロー改善や、プレイにおける、さまざまな“萎え要素”に対応し、よりバランスのとれたフェアなプレイをもたらすことが含まれます。また、「バトルフィールド 1」のレンタルサーバープログラム(RSP)の機能アップデートの開発にも取り組んでおり、できるだけ早いリリースを行いたいと考えています。

「バトルフィールド 1」拡張パック“In the Name of the Tsar”

今後の拡張パックの話題なしに、“今後の予定”を語ることはできません。どの拡張パックでも、新マップ、新武器、新ビークル、新ゲームモードが登場します。第一次世界大戦には未だ未体験の歴史や事物が多く残されています。

バトルフィールド 1 In the Name of the Tsar」では東部戦線が舞台となります。待ち受けるのはロシア軍とともに戦う戦場、厳しい極寒のロシアの大地。この記事に掲載したコンセプト画像でその一端を感じてもらえるはずです。この新拡張パックでは、ロシア軍とともに、まったく新しい戦術を体験することができるでしょう。凍てつく冬よりも、さらに冷たい鋼が、皆さんを待ち受けます。

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』は絶賛発売中で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: battlefield.com

  • 朧殿

    やっとゲットした。
    近所で中古5000円高いと思い
    ヤフオクで初回付で4000円ポチってしまった。
    おもしろい。
    いきなり撃たれるから緊張感がある。
    PASSはセールになったら買う。

  • ちくわ大明神

    月1アプデはいいね
    これでPS,BoxのCTEが来れば最強の布陣だな!

  • 4

    雪MAP綺麗だな