CoD:BO3:「ゾンビクロニクル」のゾンビマップへ“M1911”追加決定、ファンの要望に応え

CoD:BO3:「ゾンビクロニクル」のゾンビマップへ“M1911”追加決定、ファンの要望に応え

8種のリマスターマップが収録されたDLC「ゾンビクロニクル」がリリースされた『Call of Duty: Black Ops 3(コールオブデューティー ブラックオプス 3)』。Treyarchはこのゾンビクロニクルのリマスターマップへ、ファンからの要望が大きかった“M1911”を今後数週間以内に追加すると発表しました。

M1911は『CoD:WaW』のゾンビモードから『CoD:BO2』の“Buried”まで、長年スタートピストルとして愛用され続けてきた銃。思い入れのあるファンも多いのではないでしょうか。特にパック・ア・パンチ後の「マスタング&サリー」は弾丸がグレネード化したデュアルピストルとなるため、特別な存在感を放っていました。

マスタング&サリー
マスタング&サリー

「ゾンビクロニクル」リリースとマルチプレイヤーへのM1911の追加がほぼ同時期(関連記事)だったのにも関わらずゾンビモードにはM1911が存在しなかったことから、コミュニティからは落胆の声が相次いでいました。

晴れてコミュニティーの要望が聞き入れられての追加となりましが、願わくばM1911と同時に追加されたAK74uも追加してほしいところです。

  • レッド

    マスタング&サリー復活は嬉しいなあ(^^)

  • 95

    TA「ミステリーボックスから出るようにしたよ!!」