PUBG: プレイヤーが発する音はどこまで聞こえる? 歩行やドア開閉などの調査で驚きの検証結果

PUBG: プレイヤーが発する音はどこまで聞こえる? 歩行やドア開閉などの調査で驚きの検証結果

アーリーアクセスにも関わらず、発売から3ヶ月で400万本の売り上げに達した『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』には多くの検証動画が投稿されています。

その中から、以前当サイトでも紹介した「アタッチメント比較動画」を作成したMagnumDopus氏の新たな動画をご紹介。どん勝をいただく重要な要素となっているのでぜひご覧ください。

OCD – PUBG Sound Part 1

映像では2人のプレイヤーが各動作の効果音を聞き取れる距離を計測。 いくつかの項目をカテゴリごとにまとめました。

歩行音

PUBG: プレイヤーが発する音は他プレイヤーにどこまで聞こえるのか調べた検証動画を紹介

まずは最も基本的な歩行音ですが、その前に撮影者から注意点が述べられています。よく『PUBG』では「屋外と屋内では足音が違う」という意見がみられますがそれは誤りで、屋外は環境音が大きいため足音が聞き取りづらくなっているのが勘違いの原因であると語っています。 そのため、下記のデータは場所を問わず音が響く距離は同じです。

なおしゃがみ移動のデータは動画内で記載されているものではなく、MagnumDopus氏の口頭コメントを採用しています。

動作 効果音が届く距離
スプリント 40メートル
通常走行 30メートル
歩行 20メートル
しゃがみスプリント 20~25メートル
しゃがみ走行 20~25メートル
しゃがみ歩行 15~20メートル
匍匐前進 15メートル

もっとも音が響くスプリントの40メートルは、学校横のマンション群で例えると、自分がスプリントした棟だけでなく、隣の棟のほぼ全域にまで響いてしまう範囲です。 ポチンキなどの密集地ではかなり相手にアドバンテージを与えかねないので要注意です。

こちらは40メートルがどれくらいの範囲かを学校横のマンション寮で表した参考画像。白枠は1マスにつき100メートルとなっています。

PUBG: プレイヤーが発する音は他プレイヤーにどこまで聞こえるのか調べた検証動画を紹介

しゃがみスプリントは実は通常走行と変わらぬ速度で移動ができ、なおかつ足音が響く距離は5メートルも縮まるので、普段からしゃがみスプリントを常用しておくのがオススメです。

匍匐前進は音が伝わる距離は15メートルと最短なのですが、効果音そのものは足音よりも大きいのでその点には注意してください。

ジャンプ、着地、パラシュート着地

PUBG: プレイヤーが発する音は他プレイヤーにどこまで聞こえるのか調べた検証動画を紹介

今度はジャンプ、着地、パラシュート着地となります。 ジャンプは地面から飛んだ瞬間、着地は地面に足を付けた瞬間、パラシュート着地はパラシュートが閉じた音と、それから着地した時の音となります。

動作 効果音が届く距離
ジャンプ 無音
着地 30メートル
パラシュート脱着 2メートル
パラシュート着地 30メートル

ジャンプは飛び上がる瞬間は音を発生せず、着地した瞬間に30メートルまで音が響きます。 これは平地でジャンプした時も、建物の屋上から地面に着地や、高台から大ダメージを受けるほどの落下、そしてパラシュートを切り離して着地をした時も同様の範囲となります。

落下時にダメージを受けたとしても、ダメージ音やキャラクターのうめき声は自分にしか聞こえません。

建物

PUBG: プレイヤーが発する音は他プレイヤーにどこまで聞こえるのか調べた検証動画を紹介

建物のドア開閉時と窓を割った時の音のデータとなります。

動作 効果音が届く距離
ドア開閉 20メートル
ガラス窓破壊 10メートル

多くの建物にはドアが備え付けられており、開閉時の音は相手の位置を把握するのに重要です。 20メートルという距離は殆どの民家において全域をカバーするので、2階の端の部屋にいる時に、1階の反対側からドアを開けて敵が侵入してきたとしても聞き取れる絶妙な範囲となっています。

ガラス窓は割っておくと、窓辺に近づいても銃を構えたままでいられるというメリットがあり、筆者は毎回割っておくのですが、ガラスが割れる音はなかなか大きく感じ躊躇してしまう場面が多々ありました。 しかし、その印象とは裏腹にたったの10メートルしか響かないので、積極的に割っていくことにします。

ビークル

PUBG: プレイヤーが発する音は他プレイヤーにどこまで聞こえるのか調べた検証動画を紹介

ビークルについては「エンジンをかけた時の音」のみとなります。この効果音は125メートルという白マス1つ分よりも遠くまで響きます。

アイテム回収

PUBG: プレイヤーが発する音は他プレイヤーにどこまで聞こえるのか調べた検証動画を紹介

アイテムを回収した時の効果音となります。

動作 効果音が届く距離
アイテム回収時 10メートル
アイテム回収時(ドラッグ) 無音
アイテムドロップ時 無音

アイテムを拾う際はクリックよりもインベントリを開いて直接ドラッグするほうが音を立てず、アニメーションもないので圧倒的に有利となっています。特に開幕は1秒でも早く装備を回収した方が強いので、ドラッグする癖をつけておきましょう。ただしドラッグ方式はそのうちクリック方式と同じアニメーションを実装する予定なので、将来的には差異はなくなります。

関連記事: PUBG: コンソール向けへの発表は間もなく!5月アップデートは今週の木〜金を予定

それにしても、ガラスを割る音とアイテムを拾う音の響く範囲がまったく同じなのは衝撃の事実です。

武器、攻撃等

PUBG: プレイヤーが発する音は他プレイヤーにどこまで聞こえるのか調べた検証動画を紹介
リロードやパンチといった武器、攻撃関連のまとめとなります。

動作 効果音が届く距離
アタッチメント装着時 無音
単発/フルオート切り替え 無音
リロード 2メートル
リロード(ポンプアクション式SGのリロード時の廃薬莢) 15メートル
パンチ/近接武器 2メートル
グレネードのピン抜き 2メートル
火炎瓶を構えた時 2メートル

これらの殆どは気にならないレベルの範囲ですが、唯一ポンプアクション式のショットガンのみリロード時の廃薬莢が15メートルも響くので覚えておくと役立つ場面があるかもしれません。MagnumDopus氏はこれは第一弾の検証でまだまだ検証を続けていくとし、射撃音の範囲などは各武器の検証動画で収録するとコメント。今後の検証にご期待ください。

余談ですが、筆者がフレンドとサプレッサー付きAKMとVSSの音響を調べたところ、AKMは100メートル離れていても聞こえるのに対し、VSSは50メートルからやっと聞こえるという差が確認できました。これらの検証を参考に、相手の位置や動きをより正確に把握してドン勝への足がかりとしてください。

関連記事: PUBG:各アタッチメントの性能を徹底比較、M416用タクティカルストックは効果なしなど

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』の対象機種はPCで、現在Steamで早期アクセス実施中。

Source: YouTube