CoD:WWII:サプライドロップからステータス違いの武器やギアは出ない、アップデートレートは60hzに対応など、AMAで判明した10個の新情報

CoD:WWII:サプライドロップからステータス違いの武器やギアは出ない、アップデートレートは60hzに対応など、AMAで判明した10個の新情報

先行ベータも8月に迫る『Call of Duty:WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、Sledgehammer Gamesの共同設立者マイケル・コンドリー氏はRedditにてAMA(コンドリーだけど質問ある?)を実施。そこで判明した10の内容をまとめました。

  • ランクマッチとGamebattles(詳細記事)は重要なコンポーネントと捉えている。競技的要素についての詳細は今夏発表する
  • サプライドロップから出現する武器とギアのバリアントは外観を変更するものだけ。ステータスが変化するバリアントは存在しない。また、コレクションとコレクションバウンティの要素が登場し、マルチプレイヤーとヘッドクォーターの全プレイを通じてアイテムを獲得できる
  • ディビジョンによって武器が制限されることはないが、M1に銃剣を装着するようなディビジョンの武器スキルは「Infantry Division」以外では使用できない
  • ウォーモードやヘッドクォーターのカスタムマップをマルチマップとして加えると、ローンチでのマルチプレイコンテンツの量はSHG史上最大になる
  • 歴史に忠実な武器やユニフォームは、WWIIへの没入感を高めるためとても重要。上級チャレンジやコレクションバウンティの報酬の中には本当に素晴らしいものも登場する
  • 未来が舞台だった過去3作の移動システムからの移行はとても簡単である。WWIIという時代設定ともバランスを取りつつ、移動は滑らかで速いものになっている。スライディングに代わって登場する「ヒット・ザ・デック」(ダイブ)とも相まって、全プレイヤーにとって最適な組み合わせを見つけることができた。本作で復活した「地に足着いた」戦闘により、移動とマップの関係性は今までより意味のあるものとなる
  • eスポーツへのフォーカスはとても強いものになる。MLGと密に協力して最適なマップとモードのコンビネーションを生み出そうとしている。ウォーモードを競技ルールとするかは検討中
  • ヘッドクォーターでは1v1や射撃場などを含む、プレイヤー同士で楽しめるアクティビティを多数導入していく
  • ネットワーク帯域が十分であれば上下ともに秒間60回でパケットがアップデートされる
  • スコアストリークの進行はデスでリセットされるが、ベーシックトレーニングに進行を維持するものが登場する。その分コストは高くなる

CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Reddit

  • Komutto

    ほんとぉ?

  • ネタ武器やクロスボウとかの特殊武器ならいいけど、完全上位互換武器やはやめてくれ

    M16とマーシャルさえなければBO3が丁度よかったのに

  • CALL of RyU

    IWの時全く同じ事言ってて出したんですが、それは…

  • ななし

    とりまクソ開戦にはなら無いようにしてけろ

  • s

    なんでガチャは嫌われるか 糞強いのに出ないから DLCで新武器なら別に大丈夫