Destiny 2: 新ソーシャルスペース「ファーム」詳細映像公開、同時接続数は26人、まさかのマスター・ラフール行方不明など

Destiny 2: 新ソーシャルスペース「ファーム」詳細映像公開、同時接続数は26人、まさかのマスター・ラフール行方不明など

7月19日のオープンベータ開催が迫る『Destiny 2デスティニー 2)』ですが、IGNが本日から新情報を順次公開。 第一回目は新たなるソーシャルスペース「ファーム」のツアー動画から同時接続人数などが判明しました。

新ソーシャルスペース「ファーム」詳細

「ファーム」の探索映像は、IGNの記者Destin Legarie氏とBungieのNarrative LeadのRyan Ebenger氏が同席したもの。いくつかの新情報か明かされています。

  • 「ファーム」は最大26人の同時接続が可能。前作の「タワー」から10人増加。
  • 遠方には新エリア「ヨーロッパ・デッド・ゾーン」にそびえるトラベラーの破片。
  • 「クリプトアーキ」はマスター・ラフールではなく、「鉄の神殿」にいたタイラ・カーン。
  • ポストマスターは新しい55−30シリーズの「Darbi 55-30」。
  • サッカーはフィールドとスコアも記録するゴールが用意され、シュートを決めると演出あり。
  • 前作の「タワー」のハンガーの代わりとなる倉庫では、宇宙戦やスパローを修理中。
  • ストーリーが進むにつれ新たなNPCやアクティビティが追加
  • シャックス卿が彼専属のお手伝いロボット集団を再構築中。
  • 「ファーム」にはニワトリが生息。
  • 26人もいるなかで、プレイヤーが目立てるように特殊エフェクトが追加されるといった要素あり
Destiny 2: Tour of the New Social Space “The Farm” – IGN First – YouTube

明日はBungieが『Destiny 2』の展望についてIGNに語った記事が公開されます。

筆者が気になった点

今回のツアーでは「あえてネタバレは最低限に留めた」とコメントされている通り、あまり詳細な情報は明かされませんでした。しかし多くのプレイヤーからヘイトを集めたあの「マスター・ラフール」が、現時点では消息不明となっているのは衝撃の事実です。

素晴らしいNPCでいてくれてありがとう。マスター・ラフールを除く

タイラ・カーンが「ファーム」にいるということは「鉄の神殿」や「リーフ」にも何かが発生し、そこにいたNPC達が『Destiny 2』でも登場することが確定しました。

「ファーム」には管理人でありクラン運営にも関与する新NPCの「ホーソーン」というキャラクターがいるはずですが、以前Bungieが公開した動画で立っていた場所にはこの動画ではいませんでした。

Destiny 2 | ソロゲーマーへ朗報! 開発ドキュメンタリー「クランとガイド付きゲーム」日本語訳 | EAA

そして「ファーム」に点在しているNPC達が所持している武器をよく見ると、どれも前作に登場したスロス製のテスト武器を携えているのですが、これは単なるアセットの流用なのか、なにかしらのバックストーリーがあるのか、個人的には気になりました。

『Destiny 2』の発売日はPlayStation 4/Xbox One版が2017年9月6日、PC版は2017年10月24日。

Source: IGN, YouTube, Twitter

コメント6
CATEGORY :
  • しばいぬ

    エキゾやレジェを価値の無い物にすり替えたりと恨みを抱いていたガーディアンは多いからな…

  • ひょっこり出てくるんだろうなぁ

  • 193913

    ファームがどんどん発展されていくのは良いですね

    何かしらの新要素のためにマスターラフールが帰ってきそうで心配

  • ラフールめ…仏のやまを築いても尚…

  • ジュナス

    お疲れ様です!
    ファームは進むたびに追加ということは発展するのかも?

    あと宇宙戦はおそらく宇宙「船」の間違いでしょうか?

    • いーさん@EAA!!ライター

      ありがとうございます!
      ご指摘通りの誤字でしたので訂正しました