Destiny 2: 製品版ではPvEの難易度緩和へ、弾薬ドロップ率上昇やグレネード強化など

Destiny 2: 製品版ではPvEの難易度緩和へ、弾薬ドロップ率上昇やグレネード強化など

現在オープンベータが開催されている『Destiny 2デスティニー 2)』ですが、本日公開された「今週のBungie」にて製品版ではPvEの難易度は調整されると告知されました。また、現在クラン関連が原因のエラーについての情報も合わせて通達されています。

PvEの変更点

Bungieの見解によると、ベータに使われたビルドは既に数ヶ月前に作られていた古いビルドをベースにしており、Bungie内部の最新のビルドは各テストからのフィードバックを元にこれらの点が変更済みとのことです。

  • 弾薬のドロップ率調整(ベータ版はドロップ率が低いとBungieも認識)
  • 特定の敵がパワーウェポン弾をファイアチーム全員に確定ドロップ
  • PvEでのグレネードのダメージ量
  • ボスの生命力
  • AIの敵に対する武器ダメージ

現在のベータでは特にボス戦ではパワーウェポンがドロップしづらかったので、製品版ではもっと攻撃にバリエーションが出せるようになるかもしれません。

各スキルのチャージ速度が遅い問題ですが、筆者が以前プレイしたお披露目会のビルドでは、各防具にスキルのチャージを高速化する項目が用意されていたので、製品版ではこれらの要素が追加されるとものと考えられます。

Destiny 2: 製品版ではPvEでの弾薬ドロップ率が上昇し難易度が緩和される
頭装備にベータにもある項目以外に「グレネードのチャージ速度」が上昇の項目あり

PvPのマッチメイキング方針

前作の『Destiny』ではマッチメイキング方針は度々変更が重ねられた歴史があり、回線の品質重視から各プレイヤーのスキル重視になり、紆余曲折を経てスキルよりも回線の質が優先される方針に変わりました。

今作『Destiny 2』では回線の質とスキルのどちらも重視するとのことです。

エラー、グリッチ報告

オープンベータが開催されて以降、数多くのエラーが発生。特にエラーコード「weasel」が頻発していました。その他にも『Destiny』ではおなじみだったグリッチが報告されています。

  • Destiny 2のベータに初めてサインインする際にエラーコード「moose」が発生した。
  • 武器、アーマー、船を調べる、またはアクティビティを完了させる際にエラーコード「weasel」が発生した。
  • ストーリーミッション「帰郷」の完了やまたはサインインた時にエラーコード「olive」が発生した。
  • アクティビティ内で新しいエリアに入る際にエラーコード「moose」が発生した。
  • ゲームプレイ中に、ハードウェアの言語設定が変更されるまでPlayStation側のエラーコード「CE-34878-0」が発生した。
  • ストライクでスーパースキルを永遠に使えた。
  • 様々な装備やサブクラス・パークの相乗効果を利用して、弾薬が底を付かないようにできた。

「weasel」については『Destiny 2』内のクラン招待が発生頻度を上げるトリガーとなっており、現在はクラン招待は無効にされています。この問題は『Destiny』、Bungie.netのクラン機能には影響しないとのことです。

スーパースキルが永遠に使えるグリッチは前作でも存在し、その後修正されていたもの。『Destiny 2』の開発はこのバグの発覚前から始まっていたので、土台となった前作のソースコードに同様のバグが含まれていたのかもしれません。

なお弾薬の無限補給ができた問題は、ストライク「反転したスパイア」で持続ダメージを受けるベックスの沼に、ウォーロックの「回復のリフト」を展開することで回復量がダメージを上回り、エナジー武器の「リスクランナー」の特殊効果を組み合わせたものです。

『Destiny』シリーズを初めて or 久しぶりに遊んだ方へ

オープンベータが配信されてから約3日が経とうとしていますが、読者の皆様の感想はいかがでしょうか?

『Destiny』シリーズはFPSですが、同時にアクションRPGの要素を併せ持つ『Borderlands』とも似た珍しいジャンルですので、普段は純粋な対人FPSゲームを遊んでいる方には違和感がある部分も多いかもしれません。また、前作の初期はコンテンツの不足といった問題があり、特に日本国内ではユーザー離れが見られました。

しかし、その後多くの改良を続けていき、発売から3年近く経てなおTwitchの人気ランキングでは未だに上位に位置するなど、器の広さは海外での人気が物語っています。そんな『Destiny』の後継作である『Destiny 2』も、普段とは違った視点からプレイしてみると新たな発見があるかもしれません。

『Destiny 2』の発売日はPlayStation 4/Xbox One版が2017年9月6日、PC版は2017年10月24日。

Source: Bungie

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ジュナス

    前作からやっている身としてはいろんなところでクオリティが上がってるから非常に楽しみ!
    早くフレンドと一緒にストライク・クルーシブル・レイドに挑戦したり、ソロパトロールで世界観にどっぷりつかりたい!

  2. By guest

    vEのエイムアシストが申し訳ない程度しか効かなくて残念

  3. By duck

    こういうのは期待が持てる!

  4. By アダムアップル

    カバルは急所狙っても、それ以外狙っても大してダメージ変わってなかった気がする

    • By vE民

      焼夷弾撃ってくるカバルは頭じゃなくて後ろの燃料タンクが弱点になってる
      後赤いゲージの奴の弱点の倍率が3倍で、黄色いゲージの奴は弱点の倍率が1.5倍になってる

コメントする