『ファークライ5』先行プレイレビュー : カルト教団との激闘やドッグファイト、巨大魚釣りも楽しめるオープンワールドシューター

『ファークライ5』先行プレイレビュー : カルト教団との激闘やドッグファイト、巨大魚釣りも楽しめるオープンワールドシューター

アメリカ、モンタナ州の田舎町を舞台に、武装カルト教団と戦うオープンワールドシューター『Far Cry 5(ファークライ5)』。今回特別にUbisoft様から、先行プレイの機会を頂いたので遊んできました。

今回プレイできたミッションはE3向けに公開されたビルド。ゲームの大筋としては武装カルト集団Eden’s gateを排除し、占領された街を開放するのが目的ですが、寄り道し放題で小ネタもたっぷりと仕込まれています。それではプレイ動画をどうぞ!

※このビルドではエイムアシストが未実装です。
※画面は開発中のもので製品版では仕様が変更されることがあります。

Far Cry 5 | 先行プレイ!カルト教団との激闘や巨大魚釣りも楽しめるオープンワールドシューター | EAA

2人と1匹の心強い傭兵

今作からミッションのお供として「傭兵」を選択することができます。犬の「Boomer」、女性スナイパーの「Grace Armstrong」、そして飛行機乗りの「Nick Rye」から選択することができました。

今回選べた傭兵2人と1匹。製品版では増加するらしい

構え状態で十字キー左を押すと、傭兵が照準の指定された場所に移動。敵を照準に捉えてマークすれば攻撃してくれます。一度敵をスポットしておけば、遮蔽物から敵にマークすることも可能で、上手く使えば大多数の敵を傭兵だけで排除することも可能でした。

武器を構えて、傭兵に命令

犬のBoomerは敵へ飛びつき噛みつき攻撃を、スナイパーのGraceは長距離射撃を、飛行機乗りのNickは目標地点への強力な爆撃を行います。指令はクールダウン方式で、Nickのような大規模攻撃であるほど攻撃命令を再度出すのに時間が必要です。ちなみに酒場の2階にはスナイパーライフルが隠されて?います。

Nickの爆撃で敵を一掃

それぞれの傭兵ごとの特性を把握して指示することで、目標をスマートに達成することができます。

倒れた傭兵はプレイヤーが近寄ってリバイブ(蘇生)することが可能です。Nickのような傭兵はリバイブできない仕様ですが、時間経過で復活するようです。

倒れた傭兵は、近づくことでリバイブ可能

どの傭兵を選択してもミッション内容に変化はなし。ストーリーの流れは、残虐なカルト集団を倒し街を開放、Nickを助けるために飛行場へ。そして小型戦闘機に搭乗し、敵施設の破壊や敵機を撃墜するいう流れになっています。

ちなみに最初に傭兵をNickにすると、空ではセスナ機を乗り回すNick、地上では飛行場では敵に囲まれるNickが混在するシュールな状況になりました。

敵を一掃!セスナ機で爽快プレイ

Nickを助けたあとはセスナ機で敵の施設を破壊します。

Nickの愛機

筆者はふだん白兵専門でFPSをプレイしていますが、操作は直感的ですぐに慣れました。操作方法は『バトルフィールド』シリーズのように左スティックでロール、上方向にピッチングで旋回、と一般的FPSと大差はなし。しかしスティックを倒した時すぐにロールするのではなく、まずはじめにヨーイングします。これが攻撃のとき細かい調整が効き、ビークルの操縦があまり得意ではない筆者でも脳汁ブリブリのトリガーハッピープレイが可能。目標を蜂の巣にする快感で脳が幸せになりました。

セスナ機内部からの視点

小ネタも満載

たくさんの小ネタが仕込まれている『Far Cry』シリーズだけに、決して長くはない体験会の間でもいくつかの小ネタを発見しました。楽しみが減るため詳しくは書きませんが、広大な自然の中をのんびりドライブを満喫したり、じっくりと魚釣りに興じてみてください。きっと多くの発見があるはずです。憶測と妄想ですが、製品版では釣った魚によってトロフィーが獲得できたり、レアな魚やUMAなども存在するかもしれません。

かなり小さい魚をゲット
車中には3のヴィラン、バースの姿も…?

今回のプレイでは発見できませんでしたが、ワールドを闊歩している多数の野生動物の中には「交尾」している動物がいたとの報告もあり、まだまだ多くの小ネタが隠されていることでしょう。

ひととおりプレイしてみて

いままでのシリーズの舞台であった、島や砂漠など過酷な環境からアメリカの田舎町に移り、ちょっと魚釣りにそこまでドライブ。車中でカントリーミュージックを流しながら、のどかな田園風景を楽しみながら、気が向いたら猛獣ハンティング。

『Read dead redemption』のようなこれまでの『Far Cry』シリーズの面白さはそのままに、その場にいるだけで広大な自然と楽しい雰囲気を味わえるゲームに仕上がっていると感じました。製品版の発売が待ち遠しいところです。

『ファークライ5』アナウンストレーラー

『ファークライ5』アメイジンググレイス・トレーラー

『Far Cry 5』の国内発売日は2018年春で、対象機種はPlayStation 4、Xbox Oneを予定。

  • ゴーストリコンにあった指示しての同時狙撃が欲しいところ。
    乗り物にも一緒に乗ってくれるのだろうか。

  • ナナシ

    かなり面白そう。これで連続格闘キルとかのスキルが今作もあれば言う事なしだが…