独自:『ファークライ』開発者インタビュー、自由度はさらに上がったのか? 聞きにくいあれも聞いてきた

独自:『ファークライ』開発者インタビュー、自由度はさらに上がったのか? 聞きにくいあれも聞いてきた

先日のUBIDAY2017にて発売日が2018年3月1日に決定した、武装カルト教団と戦うオープンワールドシューター『Far Cry 5(ファークライ5)』今回、開発者であるMathias Ahrens氏に直接インタビューする機会をいただきました。先日の質問募集を踏まえて、新要素や気になる新要素について聞いてきました。インタビュー内容は以下からどうぞ。

開発者に直接インタビュー

ーーまずは簡単に自己紹介をよろしくお願いします。

Mathias Ahrens氏:はじめましてUbisoft montrealのMathias Ahrensです。『Far Cry 5』のリードコミュニティデベロッパーをしています。

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた
Mathias Ahrens氏

ーーリードコミュニティデベロッパーというのは日本語に訳すと広報、といった役職でしょうか?

Mathias Ahrens氏:そうとも言えますし、違うとも言えます。何をしているかというと、Reddit、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアで開発の状況を発信し、プレイヤーのみなさんとコミュニケーションをとり、リアクションを開発チームにフィードバックしています。

傭兵システムやキャラカスタマイズなどの新要素について

ーー今作の主人公は警察官という設定ですが、今までの主人公に比べてよりプロに近い肩書になっています。この肩書がクラフトシステムや扱える武器などが前作から違ってくるということはありますか?

Mathias Ahrens氏:はい、ゲーム中あなたは警察官として活動しますが、位でいうとJunior deputyという新米なんです。もちろんトレーニングを受けている設定ではありますが、練度は低くプロほどではないので、今まで通りといえます。それに加えてホープカウンティ全体が教団に支配されている状況ですので、警察官という役柄も効力を発揮しないのです。

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた

ーー今作から性別から肌の色まで主人公のアバターを自由に設定できるキャラクターカスタマイズシステムが実装されました。これが導入されるに至る経緯を教えてください。また主人公に一定の役柄が与えられないことが、ゲームのナラティブ性やユーザーエクスペリエンスにどのような影響を与えると考えていますか?

Mathias Ahrens氏:後者の質問については100%確かではないので答えかねますが、キャラクターカスタマイズシステムを導入した理由として、完璧にユーザーが自分の世界を作れるようにしたかったからです。キャラクターだけではなく、目的地をどこにするかどのようにいくかを完全に自由にしたかったのです。過去作では、主人公に役割が振られていましたが、それを完全に取っ払いたかったのです。

ーー傭兵ごとに多様なバックボーンを持ちながらレジスタンスとして活動しています。プレイヤーの行動によって、彼らのストーリーに影響を及ぼしたり、逆に彼らがメインストーリーに絡んでくることはあるんでしょうか?

Mathias Ahrens氏:非常に興味深い質問ですね。影響するというよりは、彼らのことを助けるにつれて、彼らがなぜ強い志向を持ってレジスタンス活動をしているのか深く知れるようになります。また彼らからの信頼も助けるごとに深まるので助け合うようになります。彼らはエデンズゲートについての情報を提供してくれます。例えば、バーのオーナーであるメアリーであれば彼女視点からの教団の情報をもらえます。また同時に何人かの傭兵を雇うことができるのですが、傭兵同士のかけあいも非常におもしろいものになっています。ぜひチェックしてみてください。

ーーなるほど、傭兵ごとに恋愛ゲームのような高感度値があったりするのでしょうか?

Mathias Ahrens氏:あまり詳しいことは言えませんが、傭兵ごとにも相性があります。良い相性と悪い相性の傭兵がいるのでそこは楽しみにしてください。

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた
デモプレイで選べた傭兵2人と一匹

ーーUBIDAY2017のイベントでレジスタンスメーターが上がると、教団から刺客が送り込まれてくるという説明がありました。刺客はミッション中でなくても突発的に出現するものなのでしょうか?

Mathias Ahrens氏:レジスタンスメーターはメインミッションだけでなく、サイドミッションでも上昇するようになっています。たとえば拘束されている住民を助けたり、道を塞いでいる敵を倒すのもサイドミッションの一部なので、レジスタンスメーターが上昇します。レジスタンスのためになることをすると上がるようになっています。なのでメインミッション以外でも刺客は送られてきます。あのメーターはどれだけレジスタンスのために戦ったか、どれだけ教団に危険視されているかを表しています。

ーーなるほど、上がれば上がるほど敵の装備が強力になったり?

Mathias Ahrens氏:教祖であるジョセフ・シードや彼の家族からより注目を引く事になり、プレイヤーをなるべく早く始末しないと厄介な事になるという判断から、UBIDAY2017のデモのような強めの刺客がどんどん送り込まれてくるようになります。

UBIDAY2017

ーー前作の『Far Cry Primal(ファークライ プライマル)』ではCoopプレイは実装されませんでした。今回のCoopシステム実装はコミュニティの意見を反映した結果でしょうか?

Mathias Ahrens氏:もちろんコミュニティの意見を鑑みてもいますが、それだけが実装の理由ではありません。私自身、開発チームと近いということもありますし、開発チームもコミュニティの声を聞きたがっているので、そのような意見があれば取り入れたりするようにしています。前のCoopシステムはキャンペーン全てにおいてCoopができなかったりしましたが、今回はできるようになっています。そういうのもコミュニティの声を反映しています。ゲームをより良いものにしようと頑張っています。

ストーリー設定について

ーーFar cryシリーズの敵は狂気性と同時にカリスマ性を持っており、かなりリアルな人格を設定されていることが多いと思います。そのような魅力ある敵を作り上げるうえで影響された実際の人物や出来事はありますか?

Mathias Ahrens氏:どれか1つのカルトではないのですが、カルト教団の専門家にいろいろ聞いて、全体的にカルトとはどのような仕組みかを勉強しました。それによって彼らはカリスマ性があり、やりたいことをやってのけてしまうという性格があるということを知りました。また彼らの特徴として、人々が知っていることを湾曲して流布する。ということがあります。例えとして本作のキーアートは最後の晩餐を模しているものですが、あれは彼らの性格を象徴しているもので、みんなが知っていることをちょっと変えて、心理的に人の心に入るこんでくるんです。そういった全体的な特徴を捉えてできあがったのがジョセフ・シードや、彼の教団なのです。

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた
『Fac cry 5』の最後の晩餐を模したキーアート

ーーではカルト教団と聞くと、とんでも設定とも思いがちですが、かなりリアルなカルト描写が期待できますね。

Mathias Ahrens氏:はい。ジョセフ・シードは声が聞こえています。その声が文明の終末がくる、人々を救いなさいという警告をしているんです。人々がたとえ拒んでも結果良いことをしていることになるので、彼自信は良いことをしていると信じ込んでいます。彼の声に従って入信する人もいますが、無理やりつれて来られる人もいます。またモンタナ州を選んだ理由として、野生動物がいたり景色がきれいなところなんですが、中心地とは離れていて今までのシリーズの人里離れた場所という設定とぴったりだったからです。

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた

本作の魅力とは?

ーー本作の魅力をまだ本作を体験してない人に伝えるとしたら、ズバりどこでしょうか?

Mathias Ahrens氏:ストーリーの繋がりはないので、今までのシリーズをやっていなくても問題ありません。FPSのアクションアドベンチャーなので好きな方には楽しんでもらえると思います。そしてそれだけではなくて、オープンワールドという世界で、ミッション以外にも動物を狩ったり、釣りをしたり、飛行機にのって旅をしたりとても自由度の高いゲームになっています。ですのでシューターというよりかは、アドベンチャーゲームといっても過言ではないくらいです。ソロでもオンラインで友達とCoopもできます。この世界をぜひ楽しんでください。またシリーズの象徴だった、タワーを登って地域をアンロックするシステムも撤廃しました。地図では霧がかかって詳細はみえないようになっていますが、行ったところは見えるようになります。ですので自分の行きたいところに自由に行けるようになっています。遮るものはなくなっています。

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた
本作の魅力について熱く語るMathias氏

ーーではいきなりラスボスの場所まで行けたりも?Far cry 4ではパガン・ミンに待てと言われて本当に待ってるとゲームクリアができたりもしましたが…

Mathias Ahrens氏:うーん…理論的には行けますが、武器やスキルもなにも無い状態で戦えますか?二つ目の質問ですが、詳しくは言えませんが、そういった感じでプレイヤーがプレイしていて驚くような仕掛けはいくつか隠してあるので楽しみにしていてください。

ーーFar cry 3ではアブスターゴ社のアイコンがあったりしました。今作でもそういった他の作品と関わりのあるイースターエッグはあったりしますか?

Mathias Ahrens氏:詳しくは言えません。ただバーの中にいるコックの男の人がスティーブン・セガールをモチーフにしたキャラクターであったり、いろんなエンターテイメント世界を彷彿させるものがたくさんあるので楽しみにしていてください。

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた

ーーChange.orgでキャンペーンはご存知ですか?このように宗教をテーマにすると、様々な意見が主張されたり作りにくさは感じましたか?

Mathias Ahrens氏:はい、たしかにその請願は見ました。ただ、我々がテーマにしているのは宗教ではなく、カルトなんです。宗教とカルトは完全に別のものです。先ほども言ったようにカルトは自分たちのしたいことはなんでもしてしまいます。ですので我々の題材は宗教ではなくカルトなんです。

参照:ファークライ5: 発売中止を求める署名運動開始 「アメリカ人を侮辱し反米主義的」

ーー最後に日本のFar cryファンにメッセージをお願いします。

Mathias Ahrens氏:このインタビューできて本当にうれしかったです。コミュニティーのみなさんがゲームをプレイしたときの反応をみるのがとても楽しみです。3月1日にゲームが発売されますが、私達開発する側が、制作していて楽しかったと同じように、みなさんもプレイして楽しんでもらえるとうれしいです。いままでのファンの方だけでなく、新しいファンのみなさんにもプレイしていただけたらうれしいです。ありがとうございました。

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた

Far cry 5:開発者に直接インタビュー、自由度はさらに上がったのか?Change.orgの請願についても聞いてきた
Mathias氏が着ていたナイスなシャツは、開発チーム専用のよう
Far Cry 5 | 先行プレイ! カルト教団との激闘や巨大魚釣りも楽しめるオープンワールドシューター | EAA

『ファークライ5』アメイジンググレイス・トレーラー

『Far Cry 5』の国内発売日は2018年3月1日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

  • Casey Ryback

    「キッチンじゃ負けたことが無いんだ。」が聴けるのかな

  • タケダシュンスケ

    いきなりラスボス行けるんか・・・(困惑)

  • farcry5の青空の本当綺麗