オーバーウォッチ:最新アップデート配信、ルシオの不具合対策やマーシーのアビリティに複数の変更

オーバーウォッチ:最新アップデート配信、ルシオの不具合対策やマーシーのアビリティに複数の変更

Blizzard Entertainmentとスクウェア・エニックスは『Overwatch(オーバーウォッチ)』へ最新アップデートを配信、パッチノートを公開しました。PC版へはソーシャルステータスが追加されているほか、マーシーのアビリティに複数の変更が加えられています。

全般

ソーシャル

  • [PC]ソーシャルステータスとして「オンライン」「離席中」「取り込み中」「オフラインとして表示」を追加(メモ: 同じマッチに参加しているフレンドは「オフラインとして表示」しているあなたを見ることができます)。このオプションはソーシャルメニューの下にあります

ヒーローのバランス調整

ルシオ

  • ウォール・ライド
    • ウォール・ライド後に得るスピード・ブーストを65%アップ

開発者コメント: 不具合によりルシオのウォール・ライド速度が低下していたため、その分を補う効果を付与しました。

マーシー

  • ガーディアン・エンジェル
    • ジャンプボタンでターゲットした味方の先に飛行できるよう変更
    • リザレクトの発動でクールダウンがリセットされないよう変更
  • ヴァルキリー
    • リザレクトのクールダウン・リセット及び時間短縮を廃止
    • リザレクトにボーナスチャージが追加されるよう変更

開発者コメント: 以前はヴァルキリーを発動するとリザレクトのクールダウンがリセットされ、同時にクールダウン時間そのものが短縮されました。今回の調整により、それらの仕様は廃止され、代わりに「ボーナスチャージ」が追加されるようになり、クールダウン中でも味方を一人蘇生することが可能になりました。なお、ヴァルキリーの効果終了時にボーナスチャージが消費されていない場合はチャージが削除されます。

これにより、ヴァルキリー発動時のリザレクトにおける汎用性が向上しています。以前は味方二人を蘇生したい場合、まずは一人を蘇生し、その後ヴァルキリーを発動(リザレクトのクールダウンがリセット)、そしてもう一人を蘇生する必要がありました。今回からは、最初にヴァルキリーを発動して自身の機動力を強化し、その後素早く二人を蘇生できるようになっています。

しかし、ヴァルキリーによってリザレクトのクールダウンは短縮されないため、総合的に見ると、マーシーが一回のマッチで行える蘇生の回数は減ることになります。

ゼニヤッタ

  • 「カルティスト」スキン用のボイス・ラインを追加

バグ修正

ヒーロー

  • ガーディアン・エンジェルをキャンセルした際に、マーシーの飛行速度が正しく低下しない不具合を修正
  • ソンブラの「パンプキネット」ビクトリー・ポーズが正しく表示されない不具合を修正

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

Source: Square Enix Extreme Edge