“超リアル系”WW2シューター『Hell Let Loose』:目標額の2倍を超える資金獲得、2018年にアルファテスト開催

“超リアル系”WW2シューター『Hell Let Loose』:目標額の2倍を超える資金獲得、2018年にアルファテスト開催

オーストラリアの独立系スタジオBLACK MATTERによる、PC向け第二次大戦シミュレーションシューター『Hell Let Loose(ヘルレットルース)』のKickstarterキャンペーンが終了し、目標額の2倍を上回る支援額に到達しました。

達成したストレッチゴール

目標額を上回る資金を調達したことで220,000ドルまでのストレッチゴールを達成し、対人地雷の実装が決定しました。

  • 110,000ドル : 設置可能な迫撃砲
  • 120,000ドル : マップ「Foy」
  • 130,000ドル : 火炎放射器
  • 140,000ドル : マップ「Hurtgen Forest」
  • 150,000ドル : 軽戦車
  • 160,000ドル : マップ「Utah Beach」
  • 170,000ドル : 自走砲
  • 180,000ドル : マップ「Carentan」
  • 190,000ドル : 機銃掃射の要請
  • 200,000ドル : 装甲回収車
  • 210,000ドル : マップ「St Mere Eglise」
  • 220,000ドル : 設置可能な対人地雷原

『Hell Let Loose』プレイ映像

Hell Let Loose – Brecourt Manor Assault

『Hell Let Loose』は、第二次大戦シミュレーションシューターと銘打たれており、4km四方の広大なマップでビークルや建築システムを活用しながら、チームワークを駆使して、最大100人が対戦する本格派のシューター作品となっています。

戦場の指揮を行うコマンダーや、報告や作戦の決定を行うオフィサー、突撃兵、戦車兵などを含む13の兵科が登場し、メインとなる「Warfare」モードでは大きなセクターに分けられたマップで、兵站の確保や拠点の要塞化などを行いながら戦闘が進められていきます。(詳細記事

スケジュール

開発のロードマップとして下記の日程を予定しており、一番はやくて2018年4月からクローズドアルファがプレイできるスケジュールとなっております。

  • Kickstarter – 2017年Q3
  • クローズドアルファ – 2018年Q1
  • クローズドベータ – 2018年Q2
  • アーリーアクセス – 2018年Q2

支援を逃してしまったら?

既にKickstarterキャンペーンは終了し、リワードは得られなくなっていますが、公式サイトから2017年11月15日までの期間限定でPayPalから予約が可能となっています。24.95ドルから予約ができ、製品版の価格29.95ドルにくらべて少しお得。興味のある人は早めに予約をすませておきましょう。

Source: Kickstarter

コメント1
CATEGORY :
  • LittleDday1958

    DoIとArmaを混ぜたみたいだな