オーバーウォッチ:新ゲーム内通貨「League Tokens」登場予定、公式リーグのチームスキンを購入可能で50%はチームに還元

オーバーウォッチ:新ゲーム内通貨「League Tokens」登場予定、公式リーグのチームスキンを購入可能で50%はチームに還元

プレシーズンが12月7日より開始される『Overwatch(オーバーウォッチ)』の公式リーグ「Overwatch League」ですが、好きなチームのスキンを購入できる新ゲーム内通貨「League Tokens」が登場予定であることが明らかになりました。

初回は1つのチームスキンを無料で購入可能

From the League Office | Introducing League Tokens

コミッショナーのネイト・ナンザー氏によると、新通貨「League Tokens」は2018年初めに導入され、「Overwatch League」に関するゲーム内コンテンツをルートボックスなしで直接購入できるとのこと。

「League Tokens」の導入と共に登場するスキンは「Overwatch League」に参加する12チームにちなんだものが、26ヒーロー分。つまり、312種類のスキンが登場することになります。

トークンは現金で購入することができ、トークンによる売上の50%はリーグに参加するチームに還元されます。また、ローンチから1ヶ月の間にゲームにログインした全プレイヤーに、リーグスキンを1つ購入できる量のトークンが配布されます。つまり最初のリーグスキンは無料で入手できます。

「Overwatch League」参加12チーム

「Overwatch League」に参加する12チームとホームユニフォームは以下の通り。

「Overwatch League」はMLGにて放送予定。みなさんもお気に入りのチームを見つけ、応援の意味をこめてそのチームのスキンを手に入れてみてはいかがでしょうか?

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。