CoD:WWII: 人気を受けて「冬の包囲戦」終了後も“ハードコアキルコンファームド”は継続

CoD:WWII: 人気を受けて「冬の包囲戦」終了後も“ハードコアキルコンファームド”は継続

アップデート1.8が配信され、季節イベント「冬の包囲戦」が終わりを迎えた『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、イベントにて追加されたモッシュピットモードの中から、ハードコアキルコンファームド(HCKC)がイベント後も存続することが明らかにされました。

これは毎度お馴染みマイケル・コンドリー氏のツイートから明らかになったもので、HCKCとハードコアウォーモードを求めるファンのツイートに対して、イベント後もHCKCがスタンドアローンのハードコアモードとして存続する旨を返信しています。

イベントでの追加以降、ハードコアTDMよりもハードコアキルコンファームドを好むプレイヤーが多かったため、通常のハードコアプレイリストに追加となった模様です。

ハードコアファンには嬉しい一報なのではないでしょうか。次の季節イベントやモードバリエーションの追加が楽しみですね。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

  • チグリス成人

    課金しなくても契約でマルチ50試合やれば新武器(ノーマル仕様)が使えるようになっているけど元からですか?新武器のために課金した人涙目じゃないか

    • uma

      イベント開始時から元からです。普通に契約回してればほとんど回収できました。
      SHGのTwitterにそれ書き込むと全力で他ユーザーから煽られるからオススメな!

      • チグリス成人

        そうだったんですね。そうなるとなぜyoutubeのあるゲーム実況者が新武器欲しさにガチャ回していたのかわからないです。それにしてもSHGは神対応ですね

  • 脳name

    通常のサプライとレアサプライから冬の包囲戦の諸々が出るようになったのですが、正常な動作じゃない気がします。

  • K san

    キルコンは確かにTDMより楽しいからね