タイタンフォール:「モードとステージは表裏一体」プロデューサーが明かす

タイタンフォール:「モードとステージは表裏一体」プロデューサーが明かす

来年3月11日にXboxとPCでの発売が決まった『Titanfall(タイタンフォール)』ですが、本作の特徴であるストーリーキャンペーンとマルチプレイヤーを融合させたゲームシステムについてRespawn GamesのプロデューサーDrew McCoy氏が「マップとステージには決められたゲームルールがある」とコメントを残しました。

Drew McCoy:一般的なFPSのキャンペーンは物語が展開するために順番に並べられたステージやミッションが連続すると成立する。『Titanfall』もある意味そこは乗っ取っていて、各キャンペーンのステージには独自のゲームモードが存在している。

例えば同じステージでAttritionモードをプレーして、他の時には違うモードをプレーする、と言う事は出来ない。
キャンペーンでは、Angel CityマップはAttritionモードで、それがそのステージの物語になる。

最初にゲームをプレーする時は、キャンペーンとマルチプレーを融合させたキャンペーン・マルチプレーから始めることになる。

キャンペーン・マルチプレーには、『Titanfall』の物語やキャラクター、プレーヤーの行動目的になるような派手な見せ場など、FPSのシングルプレーでお馴染みの要素を、マルチプレーに盛り込んでいるんだ。

その他にも記事内には、キャンペーン固有のオブジェクティブが含まれていないマルチプレーだけのモードも存在することや、キャンペーン・マルチプレーの特徴として、通常のシングルプレー・キャンペーンに見られるような要素や効果が全て含まれたものになることが明らかになっています

期待が膨らむ『Titanfall』はXbox One/Xbox 360/PCを対象に北米では2014年3月11日に発売予定です。

Source:OXM

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By shi sat

    ようするに各モード専用MAPを作るということかな?
    チームデスマッチにはいいが、ドミネには向かないといったMAPが出ないのは利点だけど
    逆にゲームモード毎にMAPが限られるから飽きられやすいという欠点もあるかも?
    BFでは広いMAPから各ゲームモードに合わせて切り取る形だったけど。
    十分にMAPを用意できるならいいと思う

コメントする