海外のリアル鍛冶屋さんが『Halo』に登場する“エナジーソード”を作ってみた動画

海外のリアル鍛冶屋さんが『Halo』に登場する“エナジーソード”を作ってみた動画

様々なゲーム、アニメに登場する武器をリアルに作ってしまうことで有名な、鍛冶屋のトニー・スワットンさんが『Halo(ヘイロー)』に登場する“エナジーソード”を制作し、その切れ味を試しているおもしろ動画です

エナジーソードとは?

人気FPS『Halo』に登場する近接戦闘武器。
ブレードは超過熱されたプラズマで出来ていて、柄の部分から伸びる磁力線により成形される。
極めて鋭い切れ味を有するためヒットすれば敵兵士を一撃で倒すことができる。

Halo Energy Sword – MAN AT ARMS

切れ味の検証にてキュウリをいとも簡単にバラバラにしているところを見ると、驚異の破壊力と言えそうです。
台所で主婦がエナジーソードを持つ時代が来るかもしれませんね。

Source:KOTAKU

コメント2
CATEGORY :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By gou

    これはほしい!

  2. By ur

    エナジー(物理)

コメントする