CoD: ゴースト:CoD Championship 2014のドキュメンタリー映像が公開。eSportsはもうニッチじゃない

CoD: ゴースト:CoD Championship 2014のドキュメンタリー映像が公開。eSportsはもうニッチじゃない

先日お伝えしたCall of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』で行われたCall of Duty Championship 2014のドキュメンタリー映像がThe Guardianによって公開されています。

映像は主催者側とプレイヤーのインタビューを中心に構成されています。『CoD: Ghosts』は、『League of Legends (リーグオブレジェンド)』や『StarCraft 2 (スタークラフト2)』にeSportsで遅れをとっていると思われがちですが、熱狂する観客やプレイヤーを見ていると、これからもまだまだ成長していくことを確信させてくれます。

eSportsの視聴者数は昨年で7,100万人に達したというニュースもあり、ニッチなイメージのあったeSportsはすでにメインストリームの階段を着実に登り続け、新しいデジタルベースのエンターテイメントとしての地位を確立してきています。

日本では少し寂しいeSportsですが、これからの発展に期待したいと思います。

Call of Duty and the explosive rise of pro-gaming

Source:MP1st

コメントする