新作CoDのヒントや新画像が登場、正式発表は5月5日

Sledgehammer Gamesによる2014年版『Call of Duty』ですが、Call of Duty公式サイトにカウントダウンが登場、5月5日(日本時間)に正式発表されるとこが明らかになりました。
その正式発表前に、本作のストーリーや舞台背景を予測できる様々なヒントや新たなスクリーンショットも公開されています。

兵士の新スクリーンショット

「Call of Duty」

海外ゲーム情報誌Game Informer最新号にて公開された兵士の新スクリーンショット。このパワースーツ、強化外骨格を思わせる重装備に身を包んだ兵士の装備にも何らかのヒントがあると思わせます。舞台は近未来?

告知画像の背景

この告知画像の背景にある橋は、以前のリーク情報にあった「あるシーンはゴールデンゲートブリッジ(アメリカ西海岸の吊り橋)で行われた」という証言を思い起こさせます。

キーワードは民間軍事会社

CoD2014
公式カウントダウンページのソースから3つの隠しリンクが発見。いずれもPrivate military company(PMC / 民間軍事会社)に関する内容となっており、本作のストーリーや舞台背景の柱となる可能性が高いと思われます。主人公がPMCである可能性も?

コメント3
CATEGORY :
TAG :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By gesu

    本気で途中抜けのペナルティ強化頼む。途中抜けばっかでBO2もゴーストも試合にならない

  2. By あばすと

    もう二度とww2が舞台にはならないのかな

  3. By 名無しのガンマン

    また未来ですか…
    アタッチメント周りも現実のものだけでいいです。お願いだからファインダーとかトラッカーとか用意しないでください。めんどくさいだけなので

コメントする