Battlefield 4 : 「ネットコードの大幅改善」を含むアップデート(6/3)配信開始。検証動画も

Battlefield 4 : 「ネットコードの大幅改善」を含むアップデート(6/3)配信開始。検証動画も

新機能や改善を先行体験できるコミュニティーテスト環境(CTE)の登場から1ヶ月が過ぎようとしてる『Battlefield 4(バトルフィールド 4)』ですが、遂にCTEでのテストを通過したネットコードの改善と複数の修正を含むパッチの配信が開始されました。

パッチはPC、Xbox 360、PS3向けにはすでに配信が行われており、PS4とXbox Oneへは今週中を予定しています。

ネットコード改善(High Frequency Network Update)

PC、PS4、Xbox One向けに、愛称“High Frequency Bubble”なる機能が追加されました。このハイフリクエンシー・ネットワークアップデートはネットコードを改善するもので、その名の示すとおりこれまで以上に情報の更新が行われるようです。

具体的には、プレイヤーを中心とした範囲内でクライアントとサーバー間の情報交換の頻度を上げる形での改善が施され、より「正しい」状態になるとのこと。

このアップデートはPlayStation 4とXbox One向けには、全ての48人サーバーと一部の64人サーバーに適用され、24時間のテストとモニタリングの後、問題が無ければ全サーバーに適用されます。PCはすでに全サーバーへ適用済みで、自身で設定可能です。

設定方法

ハイフリクエンシー・ネットワークアップデートはデフォルトではオフになっており、利用するには「オプション」→「ゲームプレイ」から該当の箇所を有効化する必要があります。
netcode_screen

設定レベルはLOW、MEDIUM、HIGHの3段階用意されており、何か問題が発生した場合は設定を下げるかオフにしてください。

比較動画

DICEが行った検証によると約60%の遅延改善が実現した模様。

Battlefield 4 – “Netcode” Update Details

今後の予定

DICEは今回のパッチがネットコードの修正と改善の最初のリリースであるとして、ネットワークをより良くするために、CTEでテストを行いながら更なる改善と微調整にも取り組むとしています。

新機能や改善を先行体験できるCTEへ参加したいユーザーはこちらの記事をご覧ください。

以下は各機種ごとのアップデート内容の詳細です。

アップデートの詳細 – 6/3パッチノート

PC

PCでネットコードを含む最新の機能を使うには、サーバーのオーナーが機能を有効にする必要があります。

  • 爆発によるカメラの震動を減少・改善
  • キャラクターの衝突判定を改善
  • クライアントとサーバー間のオブジェクトダメージ情報の差を減らす修正
  • 爆発物が稀に発射できない問題の修正
  • クライアント側のパケットロスを改善
  • クライアントのクラッシュを修正
  • AMD Mantle マルチGPUの改善
  • キャリアアサルトモードのバグ修正
  • ハイフリクエンシー・ネットワークアップデート
    • プレイヤーを中心にした一定の範囲内でサーバーとクライアント間の情報交換を高頻度に行う”高頻度バブル”を追加。プレイヤーの動き、スタンス、向き、弾丸等が車両に乗っている場合と歩いている場合で異なったレートで更新されるように
    • クライアント側の更新頻度のレート設定を追加

PS3

  • 爆発によるカメラの震動を減少・改善
  • レンタルサーバーのバグフィックス
  • キャラクターの衝突判定を改善
  • クライアントとサーバー間のオブジェクトダメージ情報の差を減らす修正
  • 爆発物が稀に発射できない問題の修正
  • クライアント側のパケットロスを改善
  • コントローラーのバンパーとトリガー(L1/L2,R1/R2)を入れ替えるオプションを追加
  • Carrier: 銃弾を阻止する見えない壁の修正

Xbox 360

  • 爆発によるカメラの震動を減少・改善
  • Rent A Serverのバグフィックス
  • キャラクターの衝突判定を改善
  • クライアントとサーバー間のオブジェクトダメージ情報の差を減らす修正
  • 爆発物が稀に発射できない問題の修正
  • クライアント側のパケットロスを改善
  • コントローラーのバンパーとトリガー(LT/LB,RT/RB)を入れ替えるオプションを追加
  • Naval StrikeのWave Breakerでの岩の物理演算を最適化
  • Carrier: 銃弾を阻止する見えない壁の修正
  • 低帯域幅のクライアントがスクワッドメニューを使用できなかった問題の修正

PS4

  • 爆発を起因とするカメラの震動を減少・改善
  • レンタルサーバーのバグフィックス
  • キャラクターの衝突判定を改善
  • クライアントとサーバー間のオブジェクトダメージ情報の差を減らす修正
  • 爆発物が稀に発射できない問題の修正
  • クライアント側のパケットロスを改善
  • コントローラーのバンパーとトリガー(L1/L2,R1/R2)を入れ替えるオプションを追加
  • Naval StrikeのWave Breakerマップにある岩の物理演算を最適化
  • Carrier: 銃弾を阻止する見えない壁の修正
  • ハイフリクエンシー・ネットワークアップデート
    • プレイヤーを中心にした一定の範囲内でサーバーとクライアント間の情報交換を高頻度に行う”高頻度バブル”を追加。プレイヤーの動き、スタンス、向き、弾丸等が車両に乗っている場合と歩いている場合で異なったレートで更新されるように
    • クライアント側の更新頻度のレート設定を追加

Xbox One

  • 爆発によるカメラの震動を減少・改善
  • レンタルサーバーのバグフィックス
  • キャラクターの衝突判定を改善
  • クライアントとサーバー間のオブジェクトダメージ情報の差を減らす修正
  • 爆発物が稀に発射できない問題の修正
  • クライアント側のパケットロスを改善
  • コントローラーのバンパーとトリガー(LT/LB,RT/RB)を入れ替えるオプションを追加
  • Naval StrikeのWave Breakerマップにある岩の物理演算を最適化
  • Carrier: 銃弾を阻止する見えない壁の修正
  • キャンペーンでスタンバイ機能使用時の問題の修正
  • スタンバイ機能使用時のゲームサーバーへの再接続の問題を修正
  • スナップ機能を使用したアプリケーションとマッチメイキングの問題の修正
  • プレイグループのマッチメイキングの問題の修正
  • Xbox Liveへの接続が切れた際に不適切なエラーメッセージが表示されていた問題の修正
  • レンタルサーバー、ゲーム内のスコアボード、スクワッドジョインのメニューでユーザネームがミスマッチしていた問題の修正
  • ハイフリクエンシー・ネットワークアップデート
    • プレイヤーを中心にした一定の範囲内でサーバーとクライアント間の情報交換を高頻度に行う”高頻度バブル”を追加。プレイヤーの動き、スタンス、向き、弾丸等が車両に乗っている場合と歩いている場合で異なったレートで更新されるように
    • クライアント側の更新頻度のレート設定を追加

Source:Battlefield Official Blog

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    で?グリッジは改善されるんですかね?(迫真)

  2. By d

    あいかわらずメトロ等の壁抜けは修正する気もないのな。

  3. By ぐずたん

    先程PS4でもパッチが配信されました!

  4. By kurowa

    アプデ前より弾当たるようになったわ

  5. By げすと

    BF4ついに本格始動って感じですな

コメントする