CoD:BO2:パナマ共和国の元独裁者「ノリエガ」氏、Acitivisionを提訴

CoD:BO2:パナマ共和国の元独裁者「ノリエガ」氏、Acitivisionを提訴

強烈なキャラクターのため覚えているユーザーも多いでしょうが、『Call of Duty:Black Ops 2(コールオブデューティー ブラックオプス 2)』のキャンペーンに登場するキャラクター「ノリエガ」のベースとなったパナマ共和国の元独裁者マヌエル・ノリエガ氏が、Activisionを肖像権の侵害等で訴えを起こしました。

マニュエル・ノリエガ氏の訴訟内容

CoDBO2:パナマ共和国の元独裁者「ノリエガ」氏、Acitivisionを提訴

“本物”のマヌエル・ノリエガ氏 (80歳)

訴訟の内容は、事前の承諾や許可無しに、マニュエル・ノリエガ氏のイメージを使用した上に、誘拐犯や殺人犯、アメリカの敵として描写を行ったこと。そしてマニュエル・ノリエガ氏のイメージを使うことでゲームのリアリティーが増加し、それが売上の向上にも繋がったと主張。不当利得、公正商取引、肖像権の侵害への賠償、逸失利益の支払いを求めています。

彼はパナマ共和国で1983年から1989年まで独裁者として君臨した同国の最高司令官(将軍)で、麻薬の不正浄化や在パナマ米軍兵士の殺害、選挙結果の不履行を理由にジョージ・H・W・ブッシュ大統領による米軍のパナマ侵攻を受けて失脚。麻薬密輸の罪でフロリダ州マイアミで服役中でしたが、模範囚であることを理由に刑期は短縮され2007年9月9日に釈放。現在はパナマ在住。

キャンペーンに登場するキャラクター「ノリエガ」はCIAを騙し、私兵団の兵を撃つ卑劣な敵として描かれています。下記の動画では「ノリエガ」がCIAに捉えられるシーンが収められています。

Call of Duty: Black Ops 2 – Woods and Mason capture Noriega

請求されている賠償金額等は不明ですが、今後Activisionがどういった対応を行うのかが気になるところ。

なお訴訟には至っていませんが、以前は「宗教的な問題」でInfinity Wardがテクスチャの即時修正を発表したこともありました。

続報:CoD:BO2:「自分に似すぎ」とAcitivisionを提訴していたノリエガ氏、敗訴

Source:Charlie Intel

  • ゲスト

    アンゴラの軍人か。あの人は亡くなったからな。

  • eecat

    似てるwww
    実在してたとはな~!

  • 1geki_hissatsu_59

    ノリエガ氏ってとっくに死んでるのかと思ってた・・・・・・
    無許可で生きてる人の顔まんま出すのはまずいでしょう
    これは賠償払って当然

  • ゲスト

    あーあー何年前の話持ち出してんだよ。
    どんどん訳の分からない未来が舞台になって、現代戦は遠ざかるんですねー

  • kosian

    写真のノリエガ氏ってあれ年齢本当なのか?80歳であれは若すぎるだろ

  • 名前

    これで今後の作品は尚更未来戦に突っ走ることになるね

  • 鬼軍曹

    許可を得ずに登場させたのならActivisionの方が悪いかな・・・